車中泊旅行者がいちばん知りたいのは、 京都市内をクルマを持て余さずに観光する方法

今さら云うまでもない話だが、桜や紅葉の時節と、祇園祭りや五山の送り火を迎えた京都市内は、人とクルマでごった返し、目抜き通りや駐車場周辺では、それはひどい渋滞が生じている。

京都府全体で年間およそ8000万人、市内だけでも5000万人は下らないといわれる数の観光客が、国内のみならず海外からも訪れるのだから、もはやそれは「避けることのできない」現実だろう。

しかし、だからといって京都に足を向けないのはナンセンスで、後ろ向きな話だと筆者は思う。

これまで「京都市内を車中泊で旅するなんて無謀!」と諦めていた人には、目から鱗かもしれないが、少し視点を変えれば、それはさほど難しいことではない。

現代の京都はパーク&ライドの環境が整備され、移動の不自由さがかなり緩和されている。また車中泊の環境も、鎌倉よりは遥かにいい。

そもそも、京都市内でクルマを持て余す理由は、「渋滞」と「駐車場の空き待ち」が主な原因だ。つまりクルマは「宿泊手段」として割り切り、「移動手段」を電車か地下鉄にすれば解決できる。

ガイドブックの中にはバスやタクシーの利用を勧めるものもあるが、それでは渋滞を避けることにはつながらない。

その際の理想の車中泊地は、駅前でトイレがあって、1日の最大料金設定があるコインパーキングということになるが、「宝ヶ池の京都国際会館」で車中泊ができなくなった今、他にそのような場所は存在するのか?

答えはYes。もちろん、その場所もこのコーナーで詳しくガイドする

その前に… なぜこうも京都市内には多くの観光客が集まるのだろう…

もちろん戦災を免れた古刹が数多く残るというのも、その理由の1つだろう。金閣寺を筆頭に、世界遺産に登録された文化財だけでも、その数は17件にのぼる。

そこに、桜や紅葉の名所がオーバーラップしてくるのだから、ハイシーズンに主だったところを回るだけでも、10年やそこらはゆうに要する。

また歴史に目を向ければ、、まつりごとの中心であった京都御所、天下統一を目前にする織田信長が急襲された本能寺、源義経が若き日を過ごした鞍馬山、さらに近世では大政奉還が宣言された二条城等々、大河ドラマに京都が関連しなかったことはないと云っても過言ではあるまい。

歴史や文化に興味があれば、一生を通してリピートするだけの「値打ち」が間違いなく京都には在る。

最後に。欧米では「よく行くところ」をリゾートと呼ぶそうだ。

その意味からすると、「京都が自分のリゾート」という車中泊の旅人がいたっておかしくはない。むしろ何度も行きたいから「車中泊」を選んでいるという方が、理にも適っている。そう思わないか?

【Next-Page】

京都市内観光のベスト車中泊スポットは、キョウテク京阪三条駅パーキング

【京都】Contents

車中泊旅行者がいちばん知りたいのは、 京都市内をクルマを持て余さずに観光する方法

京都を愉快に旅する秘訣

世界文化遺産「古都京都の文化財」

車中泊で楽しめる「京都のお花見スポット」5 選まとめ

京都市内の見どころ一覧

京都の名店と名物グルメ 一覧

京都市内の観光事情とお勧めの車中泊スポット7選

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする