世界遺産・京都・比叡山延暦寺

マイカーで日本の世界遺産やジオパークを旅する人に向けた情報発信サイトです。
延暦寺
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★後世に残したい日本の自然
 
■知床半島
■白神山地
■小笠原諸島
■屋久島

 

 
■本望は、終わりのない旅
■稲垣朝則プロフィール
■主な著書と寄稿
クルマ旅先100選
■ディスカバー・ジャパン
■北海道
■東北
■関東・甲信越
■中部・北陸
■近畿
■中国
■四国
■九州
 

 

 
 
延暦寺は、平安時代初期の僧侶最澄(767年 - 822年)によって開かれた、標高848mの比叡山全域を境内とする日本天台宗の総本山である。
実は延暦寺という固有の建造物は存在しない。
約500ヘクタールにも及ぶ境内に点在する堂塔を総じて、そう呼ばれてきた。
山内は、東を「東塔(とうどう)」、西を「西塔(さいとう)」、北を「横川(よかわ)」の三つに区分しているが、これを三塔と言い、それぞれに本堂がある。現存する堂塔は約150ほどだが、織田信長による焼き討ち前の最盛期には、なんと3000近い数が存在したと伝わる。
その広大な敷地は、滋賀県の大津市から京都市左京区にまたがっており、延暦寺内で電話連絡をする際に、市外局番が必要な場合もあるという。
 
さて、延暦寺が世界遺産たる理由は幾つかあるだろうが、その最たるものは「人材を通じた文化の継承」であろう。最澄は鎮護国家の為には、真の指導者である「菩薩僧(ぼさつそう)」を育成しなければならないと考え、比叡山に篭もって修学修行に専念する12年間の教育制度を確立し、多くの高僧碩徳を輩出した。浄土真宗の開祖である親鸞聖人もそのひとりである。
 
延暦寺
■延暦寺の「くたびれない拝観方法」はこちら。
 
比叡山ドライブウェイ
■知らなきゃ損する、比叡山延暦寺へのアクセスガイド
方法はマイカーとケーブル、そしてルートは京都側と大津側の合計4つから選べるが、いずれも有料なので、それぞれの事情を事前に把握し、ムダのない方法を選択することが大切だ。
 

大きな地図で見る 
 
 
 
 
 
※このページは、「京都の世界遺産」の「延暦寺」です。
■京都の世界遺産トップページ
■上賀茂神社 ■下鴨神社 ■東寺 ■清水寺 ■延暦寺 ■醍醐寺 ■仁和寺 ■平等院
■宇治上神社 ■高山寺 ■西芳寺(苔寺) ■天龍寺 ■鹿苑寺(金閣寺) ■慈照寺(銀閣寺)  
■龍安寺 ■西本願寺 ■二条城
京都の特集ページヘは、下記のバナーから…
 
 
世界文化遺産の旅路
■平泉
■日光
■富士山
■白川郷・五箇山
■古都京都
■古都奈良
■熊野古道
■姫路城
■厳島神社と原爆ドーム
■石見銀山
車中泊で温泉旅
クルマで旅する北海道
京都
 
 

ホーム | 詳細プロフィール | お問い合わせ |
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 
Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.
大人の車中泊
スマートにスタイリッシュに、「大人の車中泊」で自由奔放なクルマ旅を始めたい人に向けての情報発信サイトです。
サブバッテリー.com
電気の基礎知識と、ソーラー発電を含む、サブバッテリーシステムの車中泊利用に関する詳しい解説をしています。
車中泊でクルマ旅
既に日本列島を5往復以上した筆者が、車中泊&クルマ旅で訪ねた全国の名所を紹介している情報収録サイトです。
データベース
日本全国の観光やフォトスポットなどの旅先と、車中泊スポット、日帰り温泉などを詳細にレポートしている有料コンテンツです。