白川郷・五箇山の車中泊スポット

車中泊で世界遺産・白川郷を旅する人に向けた情報発信サイトです。
白川郷
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★後世に残したい日本の自然
 
■知床半島
■白神山地
■小笠原諸島
■屋久島

 

 
■本望は、終わりのない旅
■稲垣朝則プロフィール
■主な著書と寄稿
クルマ旅先100選
■ディスカバー・ジャパン
■北海道
■東北
■関東・甲信越
■中部・北陸
■近畿
■中国
■四国
■九州
 
 

 

 
 
紛れもなく、白川郷一帯は日本にある世界遺産の中で、もっとも車中泊スポットに恵まれたところである。

世界遺産に近い道の駅・白川郷と、道の駅・上平の他に、庄川方面には温泉を併設する2つの道の駅がある。また砺波方面に進めば、「こきりこ節」など民謡の宝庫といわれる平(たいら)地区にも、立派な道の駅が設けられており、約50キロほどの間に5つの道の駅が立ち並んでいる。

さらに東海北陸道にも入浴施設を持つ城端サービスエリア(ハイウェイオアシス)があり、まさに出色とも呼べる車中泊環境の整った地域なのだ。
 
GWに桜が咲くこの雪深き山里は、東北以西では梅・桜・鯉のぼりが同時に見られる希少なところ。そればかりでなく、夏は涼を、秋は一足早い紅葉を、そして冬には雪景色を求めて、今は実に多くの車中泊の旅人がやってくるようになった。
さらに2008年には待望久しかった東海北陸道がついに全線開通を果たし、飛騨高山、あるいは金沢などと抱き合わせで観光することが容易となるなど、ますます状況は好転している。
あえて難を唱えるとしたら、食べ物を買い出しできる店が少ないことくらいであろう。
 
道の駅白川郷
厳冬期でも、車中泊をする人で賑わう白川郷の道の駅
 
【白川郷周辺の主な車中泊スポット】
 

道の駅・白川郷 

世界遺産の白川郷にもっとも近い道の駅で、国道156号線からは一目でそれと分かるユニークなデザインの建物が見える。2008年に全面開通した東海北陸自動車道の白川郷インターからも近く、年間を通して車中泊客が絶えないところだ。夏休みやライトアップなどのイベント日は、夜間も満車になる可能性は高い。だが、幸いにも白川郷の近辺には、

 

道の駅・飛騨白山 

道の駅・飛騨白山は、白川郷と桜の郷荘川のちょうど中間に位置し、平成20年4月にできた温泉隣接の比較的新しい道の駅だ。岐阜県側の白山登山の拠点となっているため、意外にも駐車しているクルマは多い。敷地は長方形の広大なフラットスペースで、36台の駐車区画は、都会では考えられないほどゆったりしたレイアウトになっている。

 

道の駅・桜の郷庄川 

東海北陸自動車道の荘川インターのほぼ真下にある道の駅。収容台数141台とかなり大型の施設で、奥には荘川が流れ、その脇にはデッキテラスも設けられている。車中泊の場合、クルマはできるだけ奥に停める方が静か。国道沿いは通行量も多く騒々しいと思われる。飛騨白山と同様、近隣にはスーパーはないが、このあたりは蕎麦が有名だ。

 

【寄り道スポット 庄川桜】

御母衣ダム建設と深い関わり合いを持つ、樹齢500余年の老桜には心温まる逸話が残る。
 
【白川郷周辺の立ち寄り湯】
 

白川郷の湯 

2014年10月、12年ぶりにその「白川郷の湯」の暖簾をくぐった。場所は白川郷のメインストリート沿いで、すぐ近くにAコープがある。通りからは一段奥まった川沿いに建ち、集落を散策後、足の疲れを癒すには絶好の場所である。お湯は笹緑で、露天風呂からは庄川が見渡せ,

 
【白川郷周辺のスーパーマーケット】
 
Aコープ・しらかわ 

荻町集落の国道156号沿いにある。

集落の人々の生活を支える店なので、お弁当などはなく、米や冷凍食品などが中心の品揃えになっている。
岐阜県大野郡白川村荻町 TEL:05769-6-1301

【五箇山周辺の主な車中泊スポット】
 

道の駅・上平 

世界文化遺産に登録された五箇山の合掌集落に行く際に便利な道の駅だ。白川郷に比べると、レストランも充実しており、温泉にも行きやすいので車中泊環境としては適している。ただし… 施設は20年以上前に作られたもので、一昔前のドライブインのような感は否めない。夜間使えるトイレは、駐車場のこちら側の端にある。

 

道の駅・たいら 

南砺市の平(たいら)地区にあるこの道の駅は、23戸の合掌造りからなる世界遺産、相倉合掌集落に最寄りの車中泊スポットである。別称「五箇山・和紙の里」で親しまれる敷地内には、特産品の販売所や食事処、情報交流センター、そして和紙の里ならではの和紙工芸館や和紙体験館など盛りだくさんの施設が並んでいる。

 

城端サービスエリア(ハイウェイ・オアシス)

城端(じょうはな)サービスエリア以外に、城端ハイウェイ・オアシスあるは桜ヶ池ハイウェイ・オアシスとも呼ばれ、東海北陸道の五箇山と徳光インター間にある。それにしても、いい加減なものだ。桜ヶ池ハイウェイ・オアシスと言われれば、地元の者以外はまず別の施設だと思うに違いない…

 
【五箇山周辺の立ち寄り湯】
 
くろば温泉 

道の駅・上平からクルマで10分足らずのところにある、富山県の日帰り温泉施設。目の前に小原ダムの人工湖を望み、眺望がよく開放感が味わえる。

電話:0763-67-3741/10:30〜20:30/火曜定休/大人600円
 
【五箇山周辺のグルメスポット】
 

旬菜工房いわな 

富山県の道の駅・上平には、珍しいイワナの握りを食べさせてくれる店がある。流釣りをする人間にとっては当たり前のことだが、淡水魚は寄生虫に対する注意が必要で、基本的には生食を控え、火を通すか数日間冷凍にしてから刺身などにするほうが良いといわれている。ここではおそらく衛生管理された養殖の岩魚を使っているのだろうが、

 
 
 
 
 
※このページは、「クルマで旅する、白川郷・五箇山」の、白川郷のフォトスポットです。
白川郷・五箇山 コンテンツ
■トップページ
■写真集
■合掌造り
■白川郷のフォトスポット
■ライトアップ詳細ガイド
■五箇山の見どころ
■車中泊事情
 
世界文化遺産の旅路
■平泉
■日光
■富士山
■白川郷・五箇山
■古都京都
■古都奈良
■熊野古道
■姫路城
■厳島神社と原爆ドーム
■石見銀山
車中泊で温泉旅
クルマで旅する北海道
京都
 
 

 
ホーム | 詳細プロフィール | サイトマップ |
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 
Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.
大人の車中泊
スマートにスタイリッシュに、「大人の車中泊」で自由奔放なクルマ旅を始めたい人に向けての情報発信サイトです。
キャンピングカーライフ
購入前に知っておきたいキャンピングカーの基礎知識と、近畿から行く、安近短な週末クルマ旅先ガイドを掲載しています。
サブバッテリー.com
電気の基礎知識と、ソーラー発電を含む、サブバッテリーシステムの車中泊利用に関する詳しい解説をしています。
車中泊スポット見聞録
日本全国の観光やフォトスポットなどの旅先と、車中泊スポット、日帰り温泉などを詳細にレポートしているサイトです。