白川郷・五箇山の合掌集落 写真画像

車中泊で世界遺産・白川郷を旅する人に向けた情報発信サイトです。
白川郷
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★後世に残したい日本の自然
 
■知床半島
■白神山地
■小笠原諸島
■屋久島

 

 
■本望は、終わりのない旅
■稲垣朝則プロフィール
■主な著書と寄稿
クルマ旅先100選
■ディスカバー・ジャパン
■北海道
■東北
■関東・甲信越
■中部・北陸
■近畿
■中国
■四国
■九州
 
 

 

 
 手動操作にするには左上の+をダブルクリック          フラッシュ提供 Flashbucks
 
【白川郷・五箇山 撮影のアドバイス】
三脚を捨て、フットワークとズームレンズを駆使
ライトアップは別としても、休日の日中は観光客が多く、三脚は通行の邪魔になることが多いため、お勧めしない。
18-55ミリ(デジタル一眼では27−80ミリに相当)程度のズームレンズを片手に、足で被写体を探そう。
たくさん歩くほど、春や秋には季節が感じられる景色が見つかるはずだ。ただし個人宅の敷地には入らないよう気をつけよう。
神田家の2階から撮った白川郷の秋
 
室内撮影は、ストロボではなくISO感度をアップ
ストロボ撮影は、原則として博物館のような展示施設では禁止されていることが多く、また画質も硬くなりがちだ。
そこでISO感度をアップし、自然光の中でシャッタースピードをあげて写真がぶれるのを防ぐ。最近の一眼レフならかなり増感しても粒子が荒れることはほとんどない。
なお、ISO感度は一眼レフだけでなく、コンパクトデジカメでもアップすることができる。
ISO2000で撮影した合掌ミュージアム
 
自然の中の合掌家屋を撮るなら、五箇山の相倉集落へ
白川郷の集落は平地に広がっているため、写真のように山村のようなイメージは期待できない。
お勧めは、もっとも富山県寄りにある相倉集落で、家屋同士が適度に離れて建てられており、背後に山が入る。
季節は雪で人工物が隠れる冬が一番。五箇山は白川郷のようにライトアップされないので、週末でも人が少なく落ち着いて写真を撮ることができる。
昔話に登場するようなロケーション
 
 
 
 
※このページは、「クルマで旅する、白川郷・五箇山」の、写真集です。
白川郷・五箇山 コンテンツ
■トップページ
■写真集
■合掌造り
■白川郷のフォトスポット
■ライトアップ詳細ガイド
■五箇山の見どころ
■車中泊事情
 
世界文化遺産の旅路
■平泉
■日光
■富士山
■白川郷・五箇山
■古都京都
■古都奈良
■熊野古道
■姫路城
■厳島神社と原爆ドーム
■石見銀山
車中泊で温泉旅
クルマで旅する北海道
京都
 
 

 
ホーム | 詳細プロフィール | サイトマップ |
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 
Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.
大人の車中泊
スマートにスタイリッシュに、「大人の車中泊」で自由奔放なクルマ旅を始めたい人に向けての情報発信サイトです。
キャンピングカーライフ
購入前に知っておきたいキャンピングカーの基礎知識と、近畿から行く、安近短な週末クルマ旅先ガイドを掲載しています。
サブバッテリー.com
電気の基礎知識と、ソーラー発電を含む、サブバッテリーシステムの車中泊利用に関する詳しい解説をしています。
車中泊スポット見聞録
日本全国の観光やフォトスポットなどの旅先と、車中泊スポット、日帰り温泉などを詳細にレポートしているサイトです。