クルマで旅する 白川郷・五箇山の合掌集落

車中泊で世界遺産・白川郷を旅する人に向けた情報発信サイトです。
白川郷
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★後世に残したい日本の自然
 
■知床半島
■白神山地
■小笠原諸島
■屋久島

 

 
■本望は、終わりのない旅
■稲垣朝則プロフィール
■主な著書と寄稿
クルマ旅先100選
■ディスカバー・ジャパン
■北海道
■東北
■関東・甲信越
■中部・北陸
■近畿
■中国
■四国
■九州
 
 

 

 
売らない・貸さない・壊さない。
住民運動によって守られた日本の「家」が、世界文化遺産へ…
 
岐阜県と富山県にまたがって登録されているこの世界遺産は、正式名称を「白川郷・五箇山の合掌造り」といい、1995年12月にユネスコの世界文化遺産に登録された。
評価されたのは、長年にわたって豪雪地帯の大雪に耐え続け、屋根裏に養蚕の工夫が施された家屋と、集落を取り巻く自然の景観。季節を問わず、訪れた人の誰もが「日本の原風景」という表現にうなずく情景が、今も変わらずそこには在る。
 
その白川郷を語る際に忘れてはならないのが住民運動だ。
この地域では昭和20年代のダム建設ラッシュにより、数多くの合掌集落が水没した。さらに昭和40年代の高度経済成長期には、合掌造りの家屋が村外に売却されたり、近代的家屋への立て替えが始まった。
伝統消滅の危機を感じた白川村は、廃屋になった合掌造り家屋を移築保存し、1967年から「白川郷合掌村」として一般公開を開始。さらに1971年には荻町住民有志が「白川郷荻町集落の自然環境を守る会」を結成し、「売らない、貸さない、壊さない」という市民憲章を制定して、合掌造り家屋と景観を守ってきた。
こうした人々の努力の末、1976年に白川郷合掌造り集落は国の「重要伝統的建造物保存」に選ばれ、それが後の世界遺産登録への大きな礎になったのである。
 
城山展望台
白川郷の合掌集落を見下ろす城山展望台からの光景。
白川郷 ムーンライト
厳冬期に開催されるライトアップは、白川郷の風物詩だ。
 
 
 
 
※このページは、「クルマで旅する、白川郷・五箇山」の、トップページです。
白川郷・五箇山 コンテンツ
■トップページ
■写真集
■合掌造り
■白川郷のフォトスポット
■ライトアップ詳細ガイド
■五箇山の見どころ
■車中泊事情
 
世界文化遺産の旅路
■平泉
■日光
■富士山
■白川郷・五箇山
■古都京都
■古都奈良
■熊野古道
■姫路城
■厳島神社と原爆ドーム
■石見銀山
車中泊で温泉旅
クルマで旅する北海道
京都
 
 

 
ホーム | 詳細プロフィール | サイトマップ |
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。 
Copyright(C)2014 稲垣朝則 All Rights Reserved.
大人の車中泊
スマートにスタイリッシュに、「大人の車中泊」で自由奔放なクルマ旅を始めたい人に向けての情報発信サイトです。
キャンピングカーライフ
購入前に知っておきたいキャンピングカーの基礎知識と、近畿から行く、安近短な週末クルマ旅先ガイドを掲載しています。
サブバッテリー.com
電気の基礎知識と、ソーラー発電を含む、サブバッテリーシステムの車中泊利用に関する詳しい解説をしています。
車中泊スポット見聞録
日本全国の観光やフォトスポットなどの旅先と、車中泊スポット、日帰り温泉などを詳細にレポートしているサイトです。