スポンサーリンク

坂本龍馬、脱藩赦免の地 伊豆下田

南伊豆

「龍馬伝」では、ペリーが下田に寄港する際に、龍馬は黒船を見るため下田までやってくる… というストーリーだったが、史実にはそれを裏付ける明確な記載はなく、どうやら脚本家である福田氏の脚色の様相が強い。

またその時に、吉田松陰や桂小五郎に出会うというのも同じく脚色のようだ。

龍馬が実際に黒船と出会ったのは浦賀沖。剣術の修行で江戸に滞在していた龍馬は、幕府の召集を受けて品川沿岸の警備の任に当たっていた。

では史実に基づく坂本龍馬と下田の関わりとは…

それは本人よりも、尊敬する勝海舟と土佐藩主・山内容堂の出会いによるものだ。

ペリー艦隊の下田寄港から、時が流れた1863年。この年の1月15日に土佐藩主・山内容堂は、江戸から大鵬丸で上洛途中にあったが、季節はずれの時化に遭い、宝福寺に投宿していた。

時を同じくして、勝海舟は兵庫から龍馬らを伴い、順動丸に乗って東帰の途にあったが、やはり時化には勝てず、下田港に緊急避難をすることになったのだ。

幕府軍艦奉行・勝海舟入港の知らせを聞いた山内容堂は、是非とも酒席に招きたいと使者を遣わした。

勝海舟はそれに応じ、わずかな共を率いて宝福寺に参上し、謁見することにした。そして、その席で山内容堂に龍馬の脱藩の罪を解き、その身を預けてほしいと懇願する。

山内容堂は、勝海舟が酒を飲めないことを承知で、「ならば、この酒を飲み干してみよ」と切り返すが、勝海舟はためらうことなく、朱の大杯を飲み干した。

用心深い勝海舟は、脱藩罪赦免の件が酒の席での話として、後日うやむやにされることを恐れ、証拠の一筆を要求。そこで山内容堂は、白い扇に瓢箪の絵を描き、その中に「歳酔三百六十回 鯨海酔候」と著名して海舟に手渡したという。その結果、約束どおり龍馬はほどなくして脱藩を許される。

詳しい話は下のパンフレットに記されているので、興味があればじっくり読んでいただきたい。

A4 4ページ PDF
裏には龍馬ゆかりの地と、龍馬伝のロケ地の説明が記載されている。あまり情報のない下田では貴重な資料といえるだろう。

[ad#ad-1]

さて。「龍馬伝」では黒船絡みのシーンが下田で撮影されているのだが、史実となると、正直なところ他のゆかりの地に比べて坂本龍馬との関連性は薄い。

ただ、下田は「幕末の日本」を語る上では欠かせない場所だけに、坂本龍馬が生きた時代背景を理解する上では、訪ねてみる価値が高いと思う。

下田が「日本開国の舞台」と呼ばれる所以

 

■坂本龍馬とは…
坂本龍馬のプロフィールを簡単に
■生誕の地 高知
2つの資料館と、桂浜と高知城周辺
■脱藩の地 梼原
脱藩の道と維新の門
■大成の地 長崎
亀山社中、グラバー園、崇福寺など
■終焉の地 京都
御所・東山・祇園界隈に点在する龍馬ゆかりの地
■萩
松下村塾と明倫館
伊豆下田
坂本龍馬、脱藩赦免の地
■神戸
神戸の三宮に残る海軍操練所跡
■霧島温泉郷
龍馬とお龍の新婚旅行先
■下関
馬関とお龍と過ごした「自然堂跡」など
■鞆の浦
いろは丸事件の談判地

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

タイトルとURLをコピーしました