スポンサーリンク

下田が「日本開国の舞台」と呼ばれる所以

南伊豆

1854年(嘉永7年)4月に、アメリカの黒船艦隊率いるペリー提督が上陸したことから、下田は「日本開国の舞台」とよく云われているが、その「真意」をご存知だろうか?

残念なことに、下田を紹介している観光ガイドの多くは、その「真意」に触れることができていない。それどころか、「日本開国の舞台」という書き方では、了仙寺で締結された「下田条約」と「日米和親条約」を混同する人が出るのは当然とも思える。

文字数に制約のある書籍や雑誌はともかく、ウェブならもう少し掘り下げないと、下田の上っ面を舐めたことにしかなるまい。

ペリー艦隊が日本にやってきた本当の理由

さて。「日米和親条約」とは、下田港にペリーが上陸するひと月前に締結された条約で、幕府はその中で「下田」と「箱館(現在の函館)」の開港を約束している。

ゆえにペリー艦隊はスムーズに下田に入港できたわけだが、「日米和親条約」の協議が行われたのは、現在の神奈川県横浜市にある「横浜開港資料館」が建つ場所。ここに幕府が応接所を設置し、約1ヶ月にわたる協議の末、全12箇条からなる日米和親条約を締結した。そのことから「神奈川条約」と呼ばれることもある。

ついでに書くと、ペリー艦隊が日本に来たのはこの時が2度目。

1年前に浦賀に現われ、久里浜に上陸してフィルモア大統領の親書を渡し、開国・通商を迫ったが、幕府側が1年の猶予を求めたためにいったん退去。しかし、香港で12代将軍家慶(いえよし)の死を知ったペリーは、機会到来と判断し、わずか半年後に再び来航。そして首尾よく江戸湾への入港に成功した。

ちなみに世の中では、この事件から明治維新までを「幕末」と呼んでいる。

つまり、これまでの経緯からすると、下田はペリー艦隊が上陸した「3番目の港」になるわけだが、正式な条約締結後、初めての上陸ということで、幕府側との最初の会見日に、祝砲を響かせ、軍楽隊の高らかな演奏とともに、この「ペリーロード」を行進し、了仙寺へ乗り込んだと云われている。

開国の歴史ゆかしき下田の町に残る「ペリーロード」

実は日本にも、このペリーの下田上陸を待ち構えている男がいた。

長州藩士の「吉田松陰」は、大胆不敵にも、共の金子重輔とともに岸から小舟で黒船に乗り込み、アメリカまでの密航を直談判する。

しかし、ふたりの願いは聞き入れられず、下船後自ら幕府に身柄を委ねた。

その後、吉田松陰は30歳でこの世を去るまで、身柄を拘束されながらも、松下村塾を通して、後の明治維新で重要な働きをする多くの若者に思想的影響を与えていくことになるのだが、その話はまた別の機会に詳しく触れよう。

下田に残る、「吉田松陰」ゆかりの地

さて。横浜で締結された日米和親条約では、細かい点がほとんど決められていなかったため、下田ではその細部を詰めるための交渉が行われ、十日間にわたる協議の結果、下田条約(全13箇条)が締結された。

小学生にも5分で分かる。日米和親条約と下田条約

大事なのはここからだ。

下田条約では、「遊歩権」と呼ばれるアメリカ人が下田の町中を自由に歩く権利が与えられ、やがて船員と下田の町民たちは「異文化交流」を通じて、互いの国への理解を深めあうことになる。

下田が「日本開国の舞台」と呼ばれる理由のひとつはそれだ。

なお、「異文化交流」にまつわる面白いエピソードが、了仙寺のホームページに紹介されているので、興味があればご覧いただきたい。

写真の「欠乏所跡」は、入港してくる外国船に、薪・水・食料・石炭などを供給していた場所で、貝細工や瀬戸物、反物なども売られていたという。しかもそれらは、国内よりもずっと高値なうえに、日米通貨の交換比率は、米貨のほうが安く評価されていた。

しかし4年後、日本はその下田に駐在していたハリスから「高いしっぺ返し」を喰らうことになる。それが悪名高き不平等条約として、明治維新以降も長年にわたって苦しまされる「日米修好通商条約」だ。

豪腕ハリスの圧力に屈したのは、大老になったばかりの井伊直弼だった。

だが、天皇の許しを待たずに調印したことにより、尊王攘夷派の批判を受け、権力を背景に「安政の大獄」を強行する。その結果、ご承知の通り「桜田門外の変」で暗殺されることになる。

こうして一連の歴史の流れを見ると、「下田」がまるで「起爆剤」のように、幕末の日本に絡んでいるのがよくわかる。「日本開国の舞台」と呼ばれるふたつめの理由は、「倒幕に直結する出来事の発端が生じた場所」ということ。

「開国」とは単なる「貿易港の開放」ではなく、幕藩体制の瓦解、つまり「明治維新」を意味しているとも云えるのだろう。

 

【下田Contents】

下田が「日本開国の舞台」と呼ばれる所以

下田の上手な観光方法と車中泊事情

下田の見どころ 一覧

下田の名物グルメは「金目鯛」

下田の名湯、「金谷旅館の千人風呂」

下田の車中泊スポット 一覧

坂本龍馬、脱藩赦免の地 伊豆下田

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました