ペリー艦隊が日本にやってきた本当の理由とは…

この胸像は1854年(嘉永7年)に、アメリカ艦隊を率いて下田に来航したペリー提督が、その第一歩を印した地に建てられ、下田条約調印の地で知られる了仙寺の方向を向いている。

まずは、下田とペリーの関係を簡単に説明しよう。

この年再来日したペリーは、幕府と協議している日米和親条約の交渉過程で下田港が開港地として提示されると、さっそく調査船を派遣した。

その報告を受け、下田港が外洋と接近していて安全に容易に近づけること、船の出入りに便利なことなど、ペリーが幕府に要求した条件を完全に満たしていることに大きな満足を得たという。

それからまもなく、日米和親条約の締結により即時開港となった下田港に、ペリー艦隊が次々と入港する。その後下田では、了仙寺を舞台に日米和親条約を補足する下田条約の協議が行なわれた。

ペリーが帰国した後に送り込まれた外交官のハリスにより、悪名高き「日米修好通商条約」が締結されるのは、それから4年も後のことだ。

ということは、この時の目的は「通商」ではなかったことになる。

では真の目的とは?

19世紀前半のアメリカは世界最大の捕鯨国だった。

当時、灯油はもちろん、石鹸、ローソク、潤滑油などにも使用できる鯨油の人気は高く、大西洋では大量の捕鯨が続いていた。しかし、乱獲によって鯨が激減したため、アメリカは北太平洋へ進出を始める。そこで操業するアメリカの捕鯨船乗組員の安全確保と、食料や燃料の補給地を日本に求めたいと考えたのだ。

もちろん、アヘン戦争で清がイギリスに敗北し、列強がこぞって中国に進出する中、アメリカもそれに乗り遅れまいとし、日本に足場を確保しようとしたのも理由のひとつだったが、自国で南北戦争が勃発したため、それはほとんど役目を果たすことはなかった。

関連ページ

小学生にも5分でわかる。日米和親条約と下田条約

ペリーとハリス、ハリスと「唐人お吉」、そしてハリスと「日米修好通商条約」の関係

【下田Contents】

下田が「日本開国の舞台」と呼ばれる所以

下田の上手な観光方法と車中泊事情

下田の見どころ 一覧

下田の名物グルメは「金目鯛」

下田の名湯、「金谷旅館の千人風呂」

下田の車中泊スポット 一覧

スポンサードリンク