坂本龍馬、脱藩の地 梼原(ゆすはら)

龍馬が土佐を脱藩したのは28歳の時。

後日その事を聞いた武市半平太が、龍馬は「土佐の国にはあだたぬ奴だ」と語った話は有名で、「あだたぬ」とは土佐弁で包容しきれぬ人という意味を持つ。

龍馬が脱藩を決意した理由は、武市半平太を軽視する吉田東洋暗殺に反対だったからとする説と、長州主導の急進的な改革を目指す攘夷派の、京都挙兵計画に魅力を感じ、郷里に見切りをつけたとする説などがあるようだが、いずれにしても、土佐藩の旧態然とした体質への嫌気が、その背景にあったことは確かだろう。

さて。龍馬の脱藩については、他にも面白い逸話が残されている。
それは松ケ峠の番所を通過する際に、「坂本龍馬、まかり通る」と言い残し、堂々と番人の前を過ぎ去ったという伝承だ。同時にそれはある疑問へと我々を導いてくれる。

そもそも、なぜ龍馬は梼原(ゆすはら)を脱藩の道に選んだのか…

龍馬が住んでいた高知のご城下から、梼原までは約75キロの道のりだ。龍馬は1862年の3月24日に出発し、翌25日には梼原に到着している。つまりこの距離をわずか2日で歩いている。しかも、本当の脱藩ロードはここからが本番になる…

実は、この道を通り、龍馬より先に土佐藩を脱藩した人物がいる。

それは「龍馬伝」で要潤が好演した澤村惣之丞だ。惣之丞は京都挙兵計画に参加すべく吉村寅太郎と共に既に脱藩を果たしており、同志を募るために再び土佐に戻っていた。その誘いに乗ったのが龍馬だ。

二人は土佐勤王党を通じた旧知の仲で、この後、惣之丞は龍馬の右腕として海援隊でも大いに手腕を発揮する。

維新の門群像
梼原にある龍馬関連の観光名所といえばここだろう。梼原町にゆかりのある六志士に、坂本龍馬、澤村惣之丞を併せた八人の銅像が建立されている。

龍馬と同志が躍動する「維新の門群像」

土佐と伊予の国境がある韮ヶ峠。龍馬もここを抜けて行ったが、現在でもここが高知県と愛媛県の県境になる。

脱藩の道ウォーキング

車中泊事情とその他の見どころ

市街地から3キロほど離れたところに、温泉が隣接する「道の駅 ゆすはら」がある。梼原の観光は半日もあれば足りるだろうが、周りの観光地とは少し離れているので、1泊して1日ゆっくり時間を過ごす方が良さそうだ。

「道の駅ゆすはら」の詳細ページはこちら

写真は高知県と愛媛県の県境に広がる標高1200~1500mの日本最大級のカルスト高原「四国カルスト」。ここに寄れば、時間は十分つぶせる。

四国カルストの見どころと、車中泊事情

坂本龍馬、脱藩の地・梼原 Contents

脱藩の地 梼原

龍馬と同志が躍動する「維新の門群像」

脱藩の道ウォーキング

温泉が併設する「道の駅 ゆすはら」

四国カルストの見どころと、車中泊事情

■坂本龍馬とは…
坂本龍馬のプロフィールを簡単に
■生誕の地 高知
2つの資料館と、桂浜と高知城周辺
■脱藩の地 梼原
脱藩の道と維新の門
■大成の地 長崎
亀山社中、グラバー園、崇福寺など
■終焉の地 京都
御所・東山・祇園界隈に点在する龍馬ゆかりの地
■萩
松下村塾と明倫館
伊豆下田
坂本龍馬、脱藩赦免の地
■神戸
神戸の三宮に残る海軍操練所跡
■霧島温泉郷
龍馬とお龍の新婚旅行先
■下関
馬関とお龍と過ごした「自然堂跡」など
■鞆の浦
いろは丸事件の談判地

スポンサードリンク