スポンサーリンク

坂本龍馬抜きに 京都の近代史は語れない。

京都市内

京都の近代史を語るうえで、欠かすことのできない人物と云えば、筆者はやはり坂本龍馬を筆頭に挙げたい。

僅か32年間しかない人生の中で、龍馬が京都に関わった歳月はおよそ4年…

その間に誰もが予想もしなかった「薩長同盟」を成立させ、奇跡の大政奉還を見届けると同時に、疾風の如くこの世を去った。

お龍との恋を含めて… そんな龍馬のドラマチックな人生にゆかりのある地が、実は今も京都市内のあちこちに残されている。見方を変えれば、それを辿れば明治維新へと続く「戊辰戦争の導火線」まで見えてくる。

2010年に放映された大河ドラマ「龍馬伝」は、埃に埋もれつつあったその遺構を掘り起こし、老若男女にかかわらず、多くの人に日本の近代史を再認識させてくれる良いきっかけになった。

もちろん「大河ドラマの集客力」をよく知る京都市は、それに対応するよう新しいパンフレットも抜かりなく制作し、観光客のニーズに応えた(笑)。

A4 8ページ  PDF

またこれとは別に、同名のホームページも用意している。

[ad#ad-1]

ただ残念ながら、欲張りすぎて「情報を詰め込み過ぎている感」が拭えない。たとえば、「蛤御門」は幕末を語るには欠かせない遺構だが、そこに坂本龍馬は関連しない。

これは京都に限ったことではないが、「旅行者の立場」から構成すれば、こういう行くべきところの「優先順位」がつけられないような資料は、むしろ「ありがた迷惑」。特になんでもお高い京都(笑)に、どれだけの時間庶民が滞在できるのか…

それを考慮すれば、もっと現実的なプレゼンがあって然るべきだと筆者は思う。

そこで、龍馬と遺構の関連性が高いところだけをセレクトし、1泊2日の車中泊で、「坂本龍馬ゆかりの地をめぐる」モデルコースガイドを作ってみた。

駐車場・車中泊事情にも詳しく触れているので、ぜひご活用いただきたい。

京都に残る坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅 モデル・コースガイド

 

坂本龍馬、終焉の地・京都 Contents

終焉の地 京都

京都に残る坂本龍馬ゆかりの地を巡る旅 モデル・コースガイド

京都に残る坂本龍馬ゆかりの地 一覧

プロが選ぶ、京都市内観光に適した車中泊スポット7選まとめ 【2018.3更新】

 

■坂本龍馬とは…
坂本龍馬のプロフィールを簡単に
■生誕の地 高知
2つの資料館と、桂浜と高知城周辺
■脱藩の地 梼原
脱藩の道と維新の門
■大成の地 長崎
亀山社中、グラバー園、崇福寺など
■終焉の地 京都
御所・東山・祇園界隈に点在する龍馬ゆかりの地
■萩
松下村塾と明倫館
伊豆下田
坂本龍馬、脱藩赦免の地
■神戸
神戸の三宮に残る海軍操練所跡
■霧島温泉郷
龍馬とお龍の新婚旅行先
■下関
馬関とお龍と過ごした「自然堂跡」など
■鞆の浦
いろは丸事件の談判地

車中泊旅行者がいちばん知りたいのは、 京都市内をクルマを持て余さずに観光する方法

京都を愉快に旅する秘訣

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

タイトルとURLをコピーしました