冬の宍道湖西岸は、渡り鳥の楽園

宍道湖は有数の水鳥の渡来地で、冬は240種以上の鳥類が観測され、特にガン・カモ類は毎年40,000羽を超える数が飛来する。マガン、キンクロハジロ、スズガモについては、全世界の個体数の1%以上になるというから驚きだ。

それら鳥類の餌となるスズキ、ボラ、シラウオ、ワカサギ等の魚類やヤマトシジミ、イシマキガイ、カワザンショウガイ等の貝類が生息していることもあって、2005年(平成17年)には宍道湖国指定鳥獣保護区(集団渡来地)に指定され、同年に、近接する中海と共にラムサール条約にも登録されている。

ただ、マガンやハクチョウを日中に湖上で見ることは難しい。彼らは明るい時間帯に「たんぼ」で落ち穂を食べ、夕暮れになると天敵のキツネに襲われないよう、ねぐらの斐伊川河口に戻ってくる。

旅行者に日中のマガンやハクチョウの居場所を教えてくれるのが、ホシザキグリーン財団が運営する「宍道湖グリーンパーク」だ。野鳥監察舎は無料で、中にはフィールドスコープが用意されており、雨や寒い日でも快適に観察ができる。

滅多にお目にかかれない、ミサゴの捕食シーンはここで撮影した。

また、敷地には池もあり、壁の小窓から密かに観察できるようになっている。

この池のアイドルはカワセミ。ただし、拳ほどの大きさしかないので、肉眼ではまず見つけられない。

2018年12月 追記

久々に訪ねてみると、野鳥観察舎は工事中になっていた。2019年4月のオープンに向けて、大規模なリニューアルを行う予定らしい。これまでは平屋だったので、もし最上階や屋上から観察できることになれば、よりダイナミックな写真が撮れるかもしれない。詳細は以下のオフィシャルサイトで確認を。

宍道湖グリーンパーク
島根県出雲市園町1664-2
☎0853-63-0787

入場無料
営業時間 9:30~17:30・火曜定休
駐車場 有り 8台 ※満車時は湖遊館の無料駐車場を利用

さて。野鳥からは離れるが、もうひとつ紹介しておきたいのが、隣に建つ「宍道湖自然館ゴビウス」だ。

ゴビウスは島根県の川や湖に生息する生きもの、約180種類・9000点を展示している体験学習型の水族館で、基本的にはファミリー向け。ゆえに大人が500円支払ってまで行く価値があるかどうかは、以下の魚に関心があるかどうかで決まる。

”幻の魚”とも呼ばれる「ゴギ」。

中国地方に生息するイワナの一種だが、生息環境の破壊や、放流されたイワナやアマゴとの交雑により、種の存続が危ぶまれている。ニッコウイワナによく似ているが、斑点が頭部にまで至っているのが特徴だ。

これが日本各地に生息しているニッコウイワナ。頭部を見ると違いがわかる。

こちらは「ゴギ」ではないが、「キリクチ」と呼ばれる紀伊山地に棲む同じイワナの亜種。いずれも筆者の仕掛けに喰らいついてきた天然魚だ。

それを四苦八苦することなく(笑)、目の前で直に見られるというのは素晴らしいことに違いない。

宍道湖自然館ゴビウス

☎ 0853-63-7100
営業・開館時間 9時30分~17時(入館は16時30分まで)
 定休日 火曜日
入館料金 大人/500円 小・中・高/200円 幼児/無料

出雲 Contents

出雲エリアの観光スポット 一覧

出雲エリアの車中泊スポット 一覧

出雲エリアのグルメ記事 一覧

出雲の記事 一覧

スポンサードリンク