スポンサーリンク

日本史ダイジェスト/出雲4 5分で分かる「出雲大社が作られた本当の理由」

オオクニヌシ

「出雲大社」創建のなりそめは、「古事記」の「国譲りの神話」に詳しく書かれている。それを簡単に要約すると以下の通り。

オオクニヌシが国造りを行った「葦原中国(あしはらのなかつくに)」を「高天原」から見ていたアマテラスは、「葦原中国」は我が孫のニニギが治めるべきであるとオオクニヌシに使者を送るが、使者は逆にオオクニヌシを尊敬して仕えたり、その娘と結ばれたりして、一向に埒が明かない。

そこでしびれを切らしたアマテラスは、武力で解決すべく、力自慢のタケミカヅチと、足の速いアメノトリフネの二神を新たに使わした。 

オオクニヌシは二人の息子に判断を委ね、兄は同意する。しかし弟のタケミナカタはそれを拒み、タケミカヅチに力比べの勝負を挑むが、破れて諏訪に敗走する。

その結果、オオクニヌシは「葦原中国」を明け渡すことを決意し、その後ニニギは高千穂に「天孫降臨」を果たす。

ただし、オオクニヌシは「葦原中国」を譲る代わりに、「高天原」の御殿のような神殿を建てて欲しいと願い、アマテラスはそれを聞き入れ、出雲大社を建立する。

神話とは云え、かなりリアルな内容で、この神話の中に「なにがしかの史実」が暗示されているのではないか? 誰しもがそう思うのは当然だ。

事実、2012年に出雲大社の境内から巨大な柱の一部とされる「三本柱」が発掘された。「三本柱」から推測される本殿の高さは48メートル。本殿に至る階段の長さは、なんと100メートル近くになるという。

年代測定の結果、「三本柱」は1248年頃の出雲大社の本殿を支えていたものであったことが判明するが、それは出雲国造家に伝わる「古代出雲大社」の「絵図面」に描かれたものと同じであった。

「うわぁすごい。神話は本当だったんだ!」

若い人なら、それで終わってもいいと思うが(笑)、筆者はそういう年齢ではない。その先を深掘りするのが大人というものだ。

実は出雲大社が「いつ、誰に建てられたのか」は未だ判明していない。ただ「日本書紀」には659年(斉明天皇5年)に、出雲国造に命じて「神之宮」を修造させたという記載がある。

「日本の神社のルーツと秘密」でも記しているが、ヤマト政権以前の日本には自然崇拝が定着しており、出雲大社も元々は裏山の「八雲山」が「ご神体」ではなかったのかという説は根強い。

つまり出雲大社ができて初めて出雲の信仰が始まったのではなく、それ以前から「出雲王権」独自の信仰があり、崇める対象があった可能性は高いし、出雲から発掘された青銅の祭祀品は、そのことを裏付けてもいる。

ならば出雲王権が、あえてこのような巨大神殿を築く必要性は見当たらない。

そう考えると、「出雲大社が作られた本当の理由」はヤマト政権側にあったことになり、「オオクニヌシのお願い」そのものが疑わしいことが見えてくる。

古事記の編纂から1300年が過ぎ、「事実の検証」が進んだ現在、その根拠は思っているより簡単で明快だった。

そもそも「国譲り」がなければ、ニニギの「天孫降臨」はありえない。

「記紀」の中で「国譲り神話」が果たす役割はとても大きく、ヤマト王権=天皇家の日本列島支配の正当性を伝える根拠になっている。

それを逆から見ると、より「真実」が見えてくる。

ヤマト王権最大の目的は、神武東征に始まる天皇支配の正当性を「目に見えるかたち」で未来永劫に渡って浸透させることにあり、それには神話に描かれた「天孫降臨」と「国譲り」の物語を、「まるで史実のことのように仕立て上げる」必要があったのだ。

では、誰が何時それを「実行」したのだろうか?

クライマックスとしてこれから記述することは、2014年に放送された「NHKスペシャル二つの遷宮~伊勢と出雲のミステリー~」を参照している。

結論から先に云うと、その張本人は「持統天皇(645~702年)」だ。

「天皇の権力と権威の強化」を図った天武天皇の皇后で、その死後に「政策の後継者」として自ら天皇に即位。「古事記」「日本書紀」の編纂を引き継ぎ、当然その内容にも深く関与している。つまり、それまでの「日本の歴史」を自由に書き換えることができたのは、彼女を置いて他にはいない。

だが、「チーム持統」の本当の凄さはここからだ。

持統天皇は、皇太子であった息子の草壁皇子(662~689)が夭逝(ようせい)したため、孫の軽皇子(後の文武天皇、683~707)に、直接天皇の座を継がせようとしていた。理由は亡き天武天皇の悲願だった「天皇世襲制の確立」である。

だがそのためには神話の時代まで遡り、「天孫降臨」すなわち、孫への権力譲渡を強烈に正当化する必要があった。

アマテラスを始祖とするストーリーを描き、神話にまとめて伊勢神宮に祀るようにしたのは天武天皇だが、当時はそれが広く浸透していたわけではない。

そこで、「天孫降臨の再現」を盛大に行う儀式として「式年遷宮」という新技というか荒業を編み出した。

始祖と同じことを直系の子孫である持統天皇が行うのは「当たり前」という理屈だが、見方によっては、「持統天皇」こそが「天孫降臨のモデル」とも云える。それならリアルな理由も納得がいく(笑)。

そうなると、ますます「国譲りの話」は「なくてはならないもの」になる。

この「推理」が正しいとすると、大和朝廷が戦ではなく、共存に近いカタチで出雲王権との和平の道を歩んだのも頷ける。正直なところ、後継者争いを制することが最優先で、戦まで手が回らなかったのかもしれない。

そして、その提案を受け入れたのは、以降世襲で「出雲大社」の宮司を務めている「出雲国造」であったことは、間違いようのない事実だろう。神話によれば「出雲国造」は、アマテラスの子・「アメノホヒ天穂日命」の子孫で、ヤマト王権の血筋である。

いずれにしても、これにより両王権のトップは互いに「世襲」という願ってもない権利を手に入れた。

もしかすると、「縁結び」とはこのことなのではあるまいか。

ちなみにNHKスペシャルは、この話に「ダメを押す」根拠を用意していた。

出雲大社の本殿は「大社造(たいしゃづくり)」と呼ばれる建築様式だが、なんと同じ建築様式の神殿跡が奈良の「巻向(まきむく)遺跡」から見つかった。さらにその隣には、伊勢神宮と同じ「唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)」の社殿も見つかっている。それは出雲大社を建設したのが、ヤマト王権だったという証に他ならないという。

参考

出雲大社の「大遷宮」と、伊勢神宮の「式年遷宮」

Next Contents

日本史ダイジェスト/出雲5 出雲大社が「縁結びの神社」になった理由と時期

 

「大人」のための参拝ガイド ~バックボーンとなる基礎知識~

 日本史ダイジェスト/出雲1 5分で分かる「古代出雲」

 日本史ダイジェスト/出雲2 5分で分かる「もうひとつの出雲神話」

 日本史ダイジェスト/出雲3 5分で分かる「スサノオとオオクニヌシ」

 日本史ダイジェスト/出雲4 5分で分かる「出雲大社が作られた本当の理由」

 日本史ダイジェスト/出雲5 出雲大社が「縁結びの神社」になった理由と時期

 参考/出雲大社の「大遷宮」と伊勢神宮の「式年遷宮」 

大人の出雲大社参拝 エピローグ

出雲エリアの観光スポット 一覧

出雲エリアの車中泊スポット 一覧

出雲エリアのグルメ記事 一覧

出雲の記事 一覧


境港・松江・出雲・雲南・奥出雲の総合ガイドはこちら

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました