スポンサーリンク

出雲ぜんざい。さてその実力はいかに?

鳥取県

近頃は出雲大社のガイドを見ると、「ぜんざいの発祥地は出雲」というフレーズがやたらと目につく。だが、それは最近の話で昔からというわけではない。

そこで調べて見ると、その仕掛け人は「出雲ぜんざい学会」という存在らしいことが見えてきた。

彼らは「ぜんざい発祥の地出雲」という史実を探求し、 さらに美味しい 「出雲ぜんざい」 を提供するため、既に神門通りに「第一号店」を構えている。

どういう形態の組織かは分からないが、目抜き通りに出店できるだけの資金を有し、事務局が「出雲観光協会内」にあることからすると、どうやら行政と無関係ではなさそうだ。そのためライバルともいえる「出雲ぜんざい」を提供する店が、神門通りには増えつつある。

もっともこのあたりの戦略は、B1グランプリで一世風靡した「富士宮やきそば学会」を意識してのものだろう。ゆえにオリジナティーは感じない。

[ad#ad-1]

さて。ここで「出雲ぜんざい学会」の主張を紹介しよう。以下はそのホームページからの転用だ。

ぜんざいは、出雲地方の「神在(じんざい)餅」に起因しています。
出雲地方では旧暦の10月に全国から神々が集まり、このとき出雲では「神在祭(かみありさい)」と呼ばれる神事が執り行われています。
そのお祭りの折に振る舞われたのが「神在(じんざい)餅」です。その「じんざい」が、出雲弁(ずーずー弁)で訛って「ずんざい」、さらには「ぜんざい」となって、京都に伝わったと言われています。 

いっぽうウィキペディアには、別の発祥説も掲載されている。

(「ぜんざい」は)一休宗純が最初に食べたとされ、この食べ物の美味しさに「善哉」と叫んだ事から名称とされた。「善哉」とは仏が弟子を褒める時に使う言葉であり、サンスクリット語の素晴らしいを意味する「sadhu」の漢訳である。

我々旅行者にすれば、「ぜんざいの発祥」などどちらでもいいことだが(笑)、「ぜんざい」を起爆剤に、今一度出雲の観光を盛り上げようとする「出雲ぜんざい学会」の姿勢は応援したい。

ただ気になるのはその中身とお値段だ。

これは学会の店のメニューではないが、名物の「出雲3段割子そば」の相場が750円前後であることを考えると、「ぜんざい」はいかにも高く思われる。その背景には、客層が大きく反映しているのだろう。

「縁結びテーマパーク」の新メニューともいえる「出雲ぜんざい」(笑)を、期待通り喜んで食べているのは、東京や大阪からやってくる都会のお嬢様達だ。普段から高いスタバのコーヒーに馴染んでいるため、たとえこれが800円でも、たぶん何とも思わないに違いない。

しかし、小洒落たカフェに行く用事のない中高年はどうだろう。今のままなら、筆者には握りしめたコインが「出雲そば」に流れるのは当然だと思える。

[ad#ad-1]

仕事柄、富士宮に出かけることもちょくちょくあって、筆者はモデルにしようとしている「富士宮やきそば学会」の手の内をよく知っている。

出雲と決定的に違うのは、「富士宮やきそば学会」は「料理」そのものに細かな規定を設け、「富士宮やきそばとはどういうものか」を明確に定義づけたうえで、賛同する店舗からも提供している。しかもそれが美味くて安いため、旅人だけでなく地元の老若男女にも支持されており、まさにB級グルメのお手本ともいえる存在だ。

「富士宮やきそば」の詳細記事

同じ出雲を盛り立てるのなら、「出雲ぜんざい学会」にはそこを真似していただきたい。

たしかに王道とも呼ぶべき「ベーシックなぜんざい」を、どう「出雲ぜんざい」 に仕立てていくかは難題だろう。しかし「学会」なるものを立ち上げた以上、それに挑み、出雲市民を含む幅広い客層からの熱い支持を受けない限り、見識ある人々から本物という評価は得られまい。

1300年の伝統を持つ出雲大社の門前通りに、いまさら「流り」は要らない。

 

出雲 Contents

出雲エリアの観光スポット 一覧

出雲エリアの車中泊スポット 一覧

出雲エリアのグルメ記事 一覧

出雲の記事 一覧

スポンサードリンク

[ad#ad-1]

タイトルとURLをコピーしました