スポンサーリンク

歌舞伎の始祖「出雲阿国」は、出雲大社の巫女だった

その他

最近の若い人は「出雲阿国(いずもの おくに)」といえば、女お笑い芸人を思い浮かべるかもしれないが、「本物」は約400年前に京都の四条河原町で、ひときわ目を引く踊りを演じた「現在の歌舞伎の始祖」とされている女性で、同じ芸人でも「偽物」よりは遥かに気高い(笑)。

最近では大河ドラマ「真田丸」に登場しており、記憶に新しい人もあるだろう。

伝承によると、阿国は出雲大社の近くに住む鍛冶職・中村三右衛門の娘で、長じて出雲大社の巫女となり、修繕費用などの寄進を求めて各地を踊りながら巡っていたところ、京で評判となり、伏見城に参上して度々踊るまでになったという。

「かぶき踊」と呼ばれた阿国の踊りは、女性である阿国が「かぶき者」の姿に男装し、反対に茶屋の女に扮した男と戯れるという、エロチックな一面を持つ踊りだったらしい。

京都での人気が衰えると江戸を含む東国に進出するが、「かぶき踊」は「遊女歌舞伎」というかたちに進化を遂げて、各地の城下町にある遊女屋に取り入れられる。一説によると、それはお客にとって「遊女の品定めの場」であったらしく、みるみるうちに全国に広まっていったという。

だがあまりに人気ぶりに、風紀の乱れを恐れた幕府に睨まれ、その後は男性がすべての役を担う現在の歌舞伎へと変わっていった。

阿国は1607年(慶長12年)、江戸城で勧進歌舞伎を上演した後、消息が途絶える。

晩年の阿国は出雲に戻って尼になったと云われており、生家である中村家の墓の隣に、阿国のものと伝わる墓がある。そしてここには、今でも多くの芸能関係者が、足を運んでいるようだ。

最後に。出雲阿国には興味深い秘話がある。

古代の出雲王国には、国が滅びた後に、王家の血を引く家系が作った「財筋(たからすじ)」という秘密情報組織があったという。

その配下の者たちは、日本中に散らばり、「きたる日」のために中央政府の動向を旧出雲王家に報告してきたのだが、なんと「出雲阿国」もその仲間で、毛利家から秀吉の情報収集を求められた旧出雲王家が、踊りの巧い女性たちを集めて京に送り込んだというのだ。

たしかに「名もなき女ダンサー」が、話がうますぎるくらいの「出世」を果たし、実際に天下人や将軍の前で踊りを披露するまでに至るのだから、これは「ただの噂」ではないかもしれない(笑)。

 

出雲 Contents

出雲エリアの観光スポット 一覧

出雲エリアの車中泊スポット 一覧

出雲エリアのグルメ記事 一覧

出雲の記事 一覧

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました