スポンサーリンク

錦織圭も大好きな白身の高級魚「のどぐろ」と、その美味しい食べ方

島根県

関東では「アカムツ」、関西では「のどぐろ」と呼ばれるこの高級魚は、「白身のトロ」と称されるほど脂のノリがよく、生でも干物でも美味しいことで知られてきた。基本的に日本海沿岸ならどこでも穫れるというが、水深100メートル〜200メートルの深い場所に棲むため、船でなければ釣るのは難しく、今のところ養殖もされていないようだ。

そのため山陰や北陸の観光市場に行けば、大きいものなら1匹3,000円前後で店頭に並び、高級料亭で提供されるものには、1万円を超えるものもあるという。

その「のどぐろ」がブレークしたのは2014年9月。

テニスの全米オープンで準優勝した錦織圭が、帰国後「ノドグロがあったら食べたい」と語り、さらにそれがジャックスのテレビCMにもなって、全国のお茶の間に流れた。おかげで一時は、島根県内の鮮魚店に問い合わせが殺到したという(笑)。

確かに「のどぐろ」は安い魚ではではない。

だが、観光市場ではなくローカルスーパーに足を運べば、こういうラッキーに恵まれることもある。

これなら無理なく車中泊でもありつける(笑)。

ただし中高年にとって、刺身は美味いが、脂が濃いためそんなに多くは食べられない。また日本酒との相性も今ひとつ。そのあたりは噂通りマグロのトロとよく似ている。日本酒にはフグやヒラメのような淡白な魚のほうが合う。

いっぽう、地元の割烹やちょっとした食事処に行くと、「塩焼き」や「煮付け」を勧められる。これも確かに美味いといえばその通りだが、「まる一匹」出せるわけで、店にとっても「美味しい話」に違いない(笑)。

それよりも筆者のお勧めは「干物」。

島根では浜田で穫れる「のどぐろ」が最高級品といわれているが、それは北海道・羅臼産のホッケに匹敵するほど脂がのっていてうまい。

「干物」はキャンプサイトに行けば炭火で焼くこともできるし、生よりは日持ちがするので、お土産にもしやすい利点がある。

しかもサイズを選ばなければ、どこでもこのくらいで手に入る。「のどぐろ」は「アジ」と違って小さくても脂はしっかりノッている。清貧なる車中泊の旅人にはベストな選択肢では。

 

安来・境港・美保関 Contents

グルメスポット 一覧

観光スポット 一覧

車中泊スポット 一覧 


境港・松江・出雲・雲南・奥出雲の総合ガイドはこちら

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました