スポンサーリンク

彦根城の駐車場&車中泊事情と「夢京橋キャッスルロード」

名城

最初にお知らせしたいのは、このページは「ぜひとも桜の季節に訪ねたい! 築城400年。国宝にして世界遺産候補の彦根城」という記事の続きであるということ。

もし彦根城についての予習がこれからという人には、先にそちらをご覧いただくほうが理解しやすいと思う。念のために、その【目次】を添付しておこう。

既読の方は、こちらをクリックしていただければ、当記事の本題にジャンプする。


<彦根城オリジナルガイド 目次>

「ぜひとも桜の季節に訪ねたい!
築城400年。国宝にして世界遺産候補の彦根城」

■プロローグは、佐和山城
■彦根城の歴史
■彦根城の魅力は「城郭」
■彦根城の見どころ
■彦根藩15代藩主が、幕末の大老「井伊直弼」

アンドモア

彦根城見学の〆は、
天守が見える和菓子処「さわ泉」でいただく「絶品みたらし団子」


彦根城の駐車場事情

まず、彦根城周辺の駐車場は充実しており、桜まつりやゴールデンウィークといったベストシーズンを除けば、近くにクルマを停めることは難しくない。

各駐車場の詳細情報はこちら

その中で筆者がお勧めするのは、写真の「京橋口駐車場」だ。一番の理由は、ここがその日の彦根城の混雑度を測るバロメーターになるからだ。

収容台数160台を誇る「京橋口駐車場」が満車で入庫待ちとなれば、マップに記したその他の駐車場は、見に行くまでもなく満車と判断すべきで、あきらめてクルマを彦根城から少し離れた場所に停めに行くほうが、かえってロスは少なくなる。

幸いにも「京橋口駐車場」の出入口が面する「中濠東西通り」は、道が広く動きやすい。ゆえにまずはここを目指そう。

ただし、車高2.5メートル以上のクルマは、ゲートがあるため入庫できない。

キャブコンやバスコンが駐車できるのは、写真の「二の丸駐車場」と「大手前駐車場」」および「桜場駐車場」で、この3ヶ所は未舗装ながら終日400円で利用できる(なお大型車の料金は800円、それでも1日なので安いとは思う)。

ただし、いずれも彦根城の敷地内にあるため、道は歩行者だらけで、一度並んでしまうと身動きができなくなる可能性が高い。

そのため、この駐車場を狙うなら朝一番がいいだろう。

夢京橋キャッスルロード

筆者が「京橋口駐車場」を勧めるもうひとつの理由は、この「夢京橋キャッスルロード」に近いからだ。

というのは、いくら名城といえども、ある程度の歴史知識がなければ、すぐに飽きて退屈になる(笑)。ガイドにつけば話は別だが、セルフでは「国宝」とか「重文」だけを観れば、もうそれで「十分」… 

本音のところは、「天守」と「ひこにやん」で気が済む人も多いのでは(笑)。

であれば、「天守」に登ってこの絶景を眺めたら、お城を出て食事処と土産屋が勢揃いする「夢京橋キャッスルロード」に繰り出すほうが面白い!

江戸時代、このあたりは中級以下の武士と商人・職人が暮らす、活気に満ちた城下町だったそうだが、逆にそれが災いして、長年彦根市の都市開発から取り残されてきた。

現在のような景観になったのは1999年(平成11年)以降。完成当時は店も人通りもまばらだったが、20年を経て、みごとな観光ストリートに成長した。

開発に至るまでの経緯は長浜の「黒壁スクエア」と似ているが、彦根は通りが広いうえに、電線が地下を通っているため、圧倒的にスッキリしていて歩きやすい。

ランチがてらに繰り出してみてはどうだろう。

「夢京橋キャッスルロード」 オフィシャルサイト

彦根城の車中泊事情

結論から云えば「よろしくない」。彦根城の駐車場の場合、ハイエースクラスなら、「京橋口駐車場」にトイレがあるので物理的には可能だと思うが、2日にまたがるため、駐車料金は1600円になる。

それなら、同じくトイレがある写真の「二の丸駐車場」のほうが、半額の800円で収まるのでまだマシだが、あまり推奨されていないらしく、特にキャンピングカーは「なにゆえにここで?」と、「白い目」で見られる覚悟も必要だろう(笑)。

確かに筆者が見ても、あえて彦根城で車中泊をする理由は見当たらない。

それにクルマを出せないので、疲れた足を温泉で癒すことができないデメリットも大きいと思う。

いっぽう、道の駅は彦根城を挟んで南に「せせらぎの里こうら」、北には「近江母の郷」があるにはあるが、ともに適当な日帰り温泉が近くになく、利用するなら彦根城の見学後に、「極楽湯彦根店」に寄ってから向かうほうが良さそうだ。

ただ、いずれにしても時間が余りすぎるので、あまり賢明な選択肢とは思えない。

筆者のお勧めは、午前中に「彦根城」と「夢京橋キャッスルロード」をまわり、午後には長浜市内に移動し、桜の季節は「長浜城」と「黒壁スクエア」を観て、「道の駅 浅井三姉妹の郷」で泊まるプランだ。この道の駅は、クルマで2.3分のところに日帰り施設の「あねがわ温泉」がある。

参考
秀吉、飛躍の舞台「長浜城」は桜の名所

 

湖南の桜スポット 一覧

湖西の桜スポット 一覧

湖東の桜スポット 一覧

湖北の桜スポット 一覧

当時の片鱗が見られる? 信長の野望「安土桃山城」

露と消えた、明智光秀の居城「坂本城」

秀吉、飛躍の舞台「長浜城」は桜の名所

ぜひとも桜の季節に訪ねたい! 築城400年。国宝にして世界遺産候補の彦根城

琵琶湖の名城 一覧


車中泊で旅する琵琶湖の概要はこちら

琵琶湖の全記事リスト

琵琶湖の車中泊スポット 全記事リスト

タイトルとURLをコピーしました