スポンサーリンク

pHとは… 

車中泊で温泉旅
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊温泉旅行ガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、10年以上かけてめぐってきた全国の温泉地を、「車中泊旅行者の目線」から再評価。車中泊事情や温泉情緒、さらに観光・グルメにいたる「各温泉地の魅力」を、主観を交えてご紹介します。
温泉車中泊コースガイド 執筆秘話
車中泊の旅行者が、本当に知りたい温泉地の情報をまとめた本の紹介です。

肌で感じる温泉の違い

入湯時のピリピリ感やヌルヌル感の原因は、温泉の液性(酸性・アルカリ性)によるところが大きい。

液性は水素イオン濃度によって決まるが、それを測る「ものさし」がpH(ペーハー)だ。pH値は7.0が中性、それより小さければ酸性、大きければアルカリ性であることを示している。

玉川温泉

一般的に、pH値が低い酸性の温泉は火山地帯に集中しており、殺菌力が強く慢性皮膚病に効能があるといわれるが、人によっては肌がピリつくこともある。

ちなみに日本一の酸性度を誇る温泉は、秋田県の玉川温泉で、pH値は1.2。他には蔵王温泉のpH1.4、草津温泉のpH2.0などが挙げられる。

龍神温泉

いっぽうアルカリ性のお湯は、肌の角質を溶かしツルツル感をもたらせることから、美肌に良いとされてきた。その代表格が「日本三美人の湯」と称される、和歌山県の龍神温泉、島根県の湯の川温泉、群馬県の川中温泉だ。

嬉野温泉

また近年では、栃木県の喜連川温泉、島根県の斐乃上温泉、佐賀県の嬉野温泉が「日本三大美肌の湯」に選ばれ、女性から高い人気を得ている。

pH値の目安
pH3未満/酸性
pH3以上6未満/弱酸性
pH6以上7.5未満/中性
pH7.5以上8.5未満/弱アルカリ性
pH8.5以上/アルカリ性
必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました