車中泊における、エコノミークラス症候群対策の「3つの基本」

エコノミークラス症候群避難のための車中泊
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

エコノミークラス症候群対策は、横たわる・歩く・水を飲む

出典:ナチュラム

エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症<じょうみゃくけっせんそくせんしょう>)とは、長時間座ったまま状態を続けることで、脚の静脈の血行が悪くなり、膝の裏に血栓(血の塊)ができる疾患のこと。

立ち上がって歩き始めた瞬間に、血栓が血流に乗って流れ始め、肺まで達すると血管が詰って「胸の痛み」や「息苦しさ」などを引き起こし、最悪の場合は呼吸困難に陥って死亡する場合もある。飛行機内で発症することが多いことから、ロングフライト血栓症とも呼ばれている。

軽自動車やコンパクトカーで車中泊をする人の中にも、眠るまでの時間を運転席と助手席で過ごしたり、そのまま朝を迎える人もある。

コンパクトカーで車中泊

その場合は、適度にクルマから外に出て、散歩や運動をしたり、脱水症状に陥らないよう水分補給を心がけたほうがいい。

ただ今のところ筆者は、クルマ旅やアウトドアで車中泊をしていて、エコノミークラス症候群を発症したという話は聞いたことがない。

それよりも…

車中泊時にエコノミークラス症候群を発症する心配があるのは、地震などによる避難時だ。

2004年(平成16年)10月に起こった新潟県中越地震では、実際に車中泊を続けていた3名が、エコノミークラス症候群で死亡し、つい先日の熊本地震でも9名が発症し、ひとりの女性が命を落としている。

大地震が起こると、被災者は避難所生活を余儀なくされるが、余震による建物の崩壊に巻き込まれる心配がなく、プライバシーが確保できるうえに、貴重品を安心して保管できるなどの理由から、そこで車中泊を始める人が多いという。

もちろん避難所でもエコノミークラス症候群に対する注意の呼びかけは定期的に行われており、車中泊者も警戒をしているはずだ。

にもかかわらず、なぜ発症する人が後を絶たないのだろうか?

実はその「答え」を今日のニュースで耳にし、忘れないうちにブログに残すことにした。

スポンサード・リンク

どうやら理由は2つあるようだ。

ひとつは車中泊など普段したことがない人間が、必要な荷物ともに、車内で窮屈な姿勢を続けていることに起因する。

しかもコンパクトカーは、2人になれば寝転ぶこともままならない。

そのためリクライニングはできても、結局座った姿勢であることに変わりがなく、下半身を長時間動かさない状況に陥りやすい。

もうひとつはトイレの問題だ。

避難所に指定された施設にあるトイレの数と、避難してくる人数のバランスがあわないことは容易に察しがつく。

そのため女性は水分の摂取を控え、トイレに行きたくなるのを抑えようし、それが血液の濃縮を促進してエコノミークラス症候群を誘発しているという。

また高齢者の中には、トイレに行く際にボランティアスタッフなどの手を煩わせることに遠慮を感じている人も多いそうだ。

であれば、避難する際はクルマは、小さめのキャンピングチェアとテーブル、そして年配者がいる場合は、ステッキも加えておいたらどうだろう。

ミニキャンプセット

可能であれば、明るい時間帯はバックドアの下にイスとテーブルを出して、車外にいたほうがカラダにはいい。

中には「有事にキャンプ気分で過ごしやがって」と謗る人もあるだろうが、動きやすい姿勢を保つことが、エコノミークラス症候群の予防には効果的だ。

また車外で食事をすれば、誤って飲食物を布団や敷物のうえにこぼす心配もない。

収納ボックス

ちなみにイスは組み立て式のボックスになっており、座面の下はこのような収納庫として使える。

折りたたみテーブル

たたむと、ここまでコンパクトになる。この「折りたたみ収納ボックス」は、100円均一ショップのFLET’Sで500円で購入した。

また収納に余裕があれば、ポータブルトイレも有効だろう。

避難所では汚物の廃棄を憂慮することもない。なにより気軽に使えるトイレを持つことで、水分補給の不安から開放される。

「避難」のための車中泊 目次

避難のための車中泊

「避難」のための車中泊
「避難」のための車中泊
「災害時の緊急宿泊手段」としての車中泊について記載しています。
”日産でやってみよう車中泊!”で、「避難」のための車中泊を講演
”日産でやってみよう車中泊!”で、「避難」のための車中泊を講演
日産自動車からオファーを受け、講師をつとめた時のお話です。
避難時に車中泊を選ぶ人たちとは…
避難時に車中泊を選ぶ人たちとは…
災害時の避難に車中泊を選択する人たちについてまとめています。
「避難のための車中泊」の実情
「避難のための車中泊」の実情
「避難のための車中泊」を取り巻く現実に関する記述です。
レジャーのための車中泊は、避難の「予行演習」
レジャーのための車中泊は、避難の「予行演習」
避難のための車中泊に適するコンパクトなオートキャンプスタイルの紹介です。
車中泊における、エコノミークラス症候群対策の「3つの基本」
車中泊における、エコノミークラス症候群対策の「3つの基本」
災害避難で発症しやすい、車中泊時の「エコノミークラス症候群」対策に関する記述です。
災害後、すぐに売り切れてしまう商品リスト
災害後、すぐに売り切れてしまう商品リスト
地震や台風などの災害時に、すぐに売れて店頭から無くなる商品をリストアップしています。

車中泊の位置づけは「手段」。 「目的」は生活ではなく、クルマ旅やアウトドアを愉しむこと。

車中泊でクルマ旅プロの車中泊クルマ旅をご紹介。
車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、日本全国を車中泊で旅するために役立つ情報をお届けしています。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「アラ還・車中泊旅行者」のための「るるぶ」。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める、筆者と同世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (a...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました