「避難のための車中泊」の実情

指定緊急避難場所 避難のための車中泊
「クルマ旅のプロ」がお届けする、車中泊による災害避難の手引き書
この記事には、車中泊とクルマ旅関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、災害時に車中泊による避難をお考えの人に向けたアドバイスをまとめています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。

都会は「指定緊急避難場所」にクルマで行けない。

災害時の市町村からの呼びかけには、「避難準備」・「避難勧告」・「避難指示」の3種類があり、「避難指示」が発令されたら、住民は市町村の防災ガイドに記された「指定緊急避難場所」に向かい、そこでまず安否の確認を済ませ、避難解除が発令されるまで待機しなければならない。

場合によってはそれが1日で済まず、災害によるインフラやライフラインの被害が発生すれば、待機は2日、3日となる可能性がある。

防災用品

しかもその場合、3日間は支援物資が届かないことを想定し、自分で調達したもので凌がなければならなくなる。

リーフで車中泊だがクルマを所有していれば、ハンドキャリーとは比較にならない量の防災用品や食料を「指定緊急避難場所」に持ち込めるうえに、車中泊もできてプライバシーも保つことができる。ゆえに、まずクルマでの避難を考えるのは当然だ。

しかし、都市部にある市町村の地域防災計画では、津波に限らず、地震、火災などの避難においても、避難の円滑な実施を考慮し、自動車による避難は原則 として禁止している。

都会にある道の駅

ということは「避難のための車中泊」を目指すなら、「指定緊急避難場所」ではないところに「自主避難」するしかない。もちろん「自主避難」である以上、制約を受けないかわりに、その間にかかる食料や生活費は自己負担になる。

さらに「自主避難」の場合、通勤や通学に都合の良い場所で、長期の「車上生活」が認められるような場所は皆無に等しい。

それが現在の「避難のための車中泊」の実情だ。

であれば、どこに避難をすればいいのか?

例えば、奈良県の名阪国道のサービスエリアを兼ねた「道の駅針T・R・S」には、広い駐車場・レストラン・コンビニ・日帰り温泉施設が揃っている。

道の駅針T・R・S

また伊勢湾岸道にある刈谷ハイウェイオアシスにも、同様の設備があり、観覧車まで揃っている(笑)。

刈谷ハイウェイオアシス

ただし、そこで許されるのは「車中泊」までであって、自炊を伴う「オートキャンプ」はできない。

しかし「広域避難所」として指定された場合は、期間中の特別措置として認められる可能性はあるだろう。

被災地を支援する道の駅

避難のための車中泊 目次

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました