スポンサーリンク

オートパッカーの基本キャンプスタイル

オートパッカー
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」を紹介しています。

巧みにクルマ周辺を使う、リアル・オートキャンプ

辞書の「大辞林」には、「オートキャンプ〔和 auto+camping〕とは、自分で自動車を運転し、その車で寝泊まりしながら各地を移動する旅行」と紹介されている。

ただ現在の日本では、「オートキャンプ」はクルマをサイトに横付けするテントキャンプと思っている人が大半だ。

そのため誤解を招かないよう、筆者はオートパッカーのキャンプスタイルをあえて「リアル・オートキャンプ」と呼んでいる。

巷には「車中泊キャンプ」という言い方もあるようだが、その表現から「スマート」さを感じるのは難しい(笑)。

さて。「リアル・オートキャンプ」の特徴は、ロケーションや状況に応じてクルマのリアとサイドを臨機応変に使い分ける点にある。

また季節や遊びのコンテンツによっては、シェルターを活用することもあるので、基本は3つのスタイルということになるだろう。

なお、基本的にテントは使わないので、デイキャンプもオートキャンプもほとんど見た目は変わらない。

1.バックドア・スタイル

2.カーサイド・スタイル

春と秋の気候が良い時に最適なスタイルで、基本はサイドオーニングを使う。バックドアキッチンの搭載ができないキャンピングカーでは、これが基本形だ。
実戦的なサイドオーニングの使い方
実戦的なキャンピングカーのサイドオーニング使用法の紹介です。

3.シェルター・スタイル

虫の多い真夏と、寒風と冷え込みの強い真冬のスタイル。テントキャンプの経験者には馴染みの深いスタイルだろう。寝苦しい夏はキャンプベッドを使ってシェルターの中で寝ることもある。
車中泊の暑さ対策に有効。シェルター&キャンプベッド
車中泊の暑さ対策に有効な、シェルター&キャンプベッドの紹介です。

プラスアルファ テント

上高地やアルペンルート、あるいはフェリー料金が際立って高い礼文島や利尻島に行く際には、駅やフェリーターミナルの駐車場で車中泊し、そこからバックパッキングに切り替えてコンパクトなテントに泊まることもある。

Auto-Packer 目次

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました