スポンサーリンク

吹雪・轍(わだち)・シャーベットへの対応法

雪道・凍結道路の走り方
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」を紹介しています。

吹雪の中を走る際に、気をつけるべきことは?

道路上では止まらない

まずはどんなに強い吹雪でも、道路では絶対にクルマを止めてはいけない。後続車に追突される可能性がある。また路肩への停車も脱輪する恐れがあるため、避けるほうが賢明だ。

対処としては、落ち着いてヘッドライトを点灯し、さらに徐行が必要と感じたら、ハザードランプも点滅させる。

この時のライトは、暗い時間帯でもロービームにしておくのが基本だ。吹雪の中でのハイビームは、逆に前を見にくくする。後は、たとえノロノロ運転でも構わないので、とにかく走って駐車できそうな場所を見つけて避難しよう。

なお、吹雪は降雪だけとは限らない。強風で地面の雪が舞い上がる地吹雪や、前のトラックが巻き上げる雪煙にも注意が必要だ。

深い「わだち」ができた道では、ハンドリングに余裕を持たせる

わだちの中が凍結して、アイスバーンになっていたり、凹凸が激しく走りづらい場合を除けば、基本的にはわだちに沿って進む方がクルマは安定するはずだ。わだちには横方向への滑りを抑えてくれる利点がある。

わだちの中ををうまく走る秘訣は、ハンドルをぎゅっと握りしめるのではなく、少し遊びを持たせたハンドリングをすることだ。

高い雪の壁とシャーベットになった路面は、走りづらいわだちの典型的な例だが、不安なら無理をせず、わだちのない道に出るまで我慢するのが一番いい。

なお、レーンのようになったわだちから左折・右折する場合は、事前にアクセルを踏んでからハンドルを切り、勢いをつけて乗り越えよう。

シャーベット(ザラメ)は、タイヤがもっとも苦手な道

雪が溶けてベトベトした状態が本当のシャーベット。それが再結晶するとザラメになり、ザラメが固まると氷塊になるわけだが、一般的に「シャーベット状」と呼ばれているのは、ザラメ、もしくはそれらが「バラバラの小さな氷塊」に固まりつつある道路状況のことだ。

雪遊びでわかるように、シャーベット状になった雪は握りにくく、 溝で雪を圧縮してグリップを得るスタッドレスタイヤにとっては、苦手といえる状態だ。

圧雪・新雪・ザラメの順で、スタッドレスタイヤは効きにくくなる。

さらに厄介なのは、路面の状態が均一ではないことだ。ハンドルがとられやすく気を抜けない。怖いよりも、運転しづらい道だと思ったほうがいい。

対策は、車間距離をとって前を走るクルマの様子を注意深く観察すること。おかしいと思ったらトレースせず、少しずらして難所をかわそう。

失敗しない、雪道と凍結道路の走り方

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました