キャンピングカーにお勧めの車両保険

タイヤバースト事故キャンピングカー「あるある」
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

お勧めは「エコノミー」「限定A」ではなく、「一般車両保険」

ゲレンデ

冬になるとスリップによる自損事故が怖いのは誰もが同じ。

だが、万一の際の車両保険のことを貴方はきちんと理解できているだろうか。

ここでは、ふだんあまり気にすることない自動車保険の要点をまとめている。

キャンピングカーにお勧めの車両保険【目次】

自賠責保険は「対人」限定

任意保険は自賠責保険を補完

熟考すべきは車両保険

「エコノミー」と「限定A」

スポンサード・リンク

自賠責保険は「対人」限定

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種類がある。

「自賠責保険」は別名で「強制保険」とも呼ばれる通り、絶対に加入しなければならない保険で、万一、事故を起こした際には、まずこの保険が優先的に適用される。

ただし、自賠責保険で補償されるのは人身事故だけで、「他人」に対する補償(対人賠償)に限られている。

つまり、自分自身の怪我はもちろん、自動車、ガードレール、ブロック塀などに対する補償は対象外だ。

任意保険は自賠責保険を補完

「任意保険」はその「自賠責保険」の不足を補うためのもので、「賠償責任保険」・「傷害保険」・「車両保険」の3つの要素で構成されている。

例えば「賠償責任保険」には、対人賠償の他に対物賠償があるので、他人のクルマを壊した場合でも保険金が支払われる。

また 「傷害保険」には、搭乗者傷害及び自損事故が組み込まれており、自分や同乗者がケガをして入院や通院した場合、あるいは不幸にも死亡してしまった場合でも保険金が支払われる。

スポンサード・リンク

熟考すべきは車両保険

車両保険

「車両保険」は自分自身のクルマに対する保険で、一般車両保険に加入しておけば、クルマや物との衝突・接触、物の落下・飛来、盗難、いたずら、浸水、火災などによる損害など、クルマに関係する大半の被害が補償される。

ただし、車両保険は補償額に比べて保険料が割高であると同時に、使用すれば金額に関わらず等級が大きくダウンするため、翌年から保険料金がはね上がることも多い。

そのため5万円や10万円程度の修理代なら、自腹で払った方が結果的に安くおさまる場合がある。

そういった理由から、一般的にはさほど利用されていないというのが実態のようだ。

スリップ事故

ただし、冬に雪道や凍結道路を頻繁に走るのなら話は別だ。

ここまでの説明で分かる通り、一般のドライバーに比べて、スリップで何らかの事故を起こす確率は、比較にならないほど高くなる。

それを含めて、特にキャンピングカーに乗る人の多くは車両保険に加入しているのだが、実は車両保険には、補償内容によって大きく4つの「商品」がある。

ひとつは、前述した「一般車両保険」だが、こちらであれば問題はない。

自分のミスでクルマを傷つけてしまった自損事故や、当て逃げされた場合も保証してくれる、万能タイプの車両保険だ。

ただし支払う保険料も一番高い。

「エコノミー」と「限定A」

それでは、一般車両保険以外の3つの「商品」とは、いかなるものだろうか。

まず、エコノミーは補償を「車対車」の事故だけに限定した商品で、当て逃げや盗難、自損事故による損害は補償されない、いわば一般車両保険の節約版だ。

保険料は安いが、人気車種や特殊装備の多いクルマにはあまり適さないかもしれない。

いっぽう限定Aは、正式名称を「車両危険限定担保特約」といい、交通事故以外の「人災と災害」による損害を補償してくれる保険である。

具体的には、盗難・落書き・物の飛来や落下・浸水・火災などによる被害が補償される。

ただし、自損事故や、他車との事故は対象外だ。

また、エコノミーと限定Aを組み合わせた保険もある。 ただし個別ではなく、「エコノミー+限定A」のセットだけを取り扱う保険会社もあるようだ。

スポンサード・リンク

キャンピングカー
オリジナルコンテンツ

キャンピングカー入門

快適車中泊のための、キャンピングカー入門ガイド
快適車中泊のための、キャンピングカー入門ガイド
もっと車中泊クルマ旅を楽しみたい人に向けた、キャンピングカー乗り換えの入門ガイドです。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
キャンピングカー「あるある」 一覧
キャンピングカー「あるある」 一覧
キャンピングカーに関する、さらに深い「あるある話」をご紹介。

冬の車中泊の寒さ&安全対策

車中泊の寒さ対策

失敗しない凍結道路と雪道の走り方
失敗しない凍結道路と雪道の走り方
真冬に失敗しない凍結道路と雪道の走り方を詳しく解説しています。
凍結道路のスリップとスタックの回避と対応策
凍結道路のスリップとスタックの回避と対応策
凍結道路でスリップとスタックを回避する方法と、脱出する方法の解説です。
凍結している坂道の安全な運転方法
凍結している坂道の安全な運転方法
冬のクルマ旅につきものの「凍結している坂道」の安全な走り方をご紹介。
冬のドライブ 吹雪・轍(わだち)・シャーベットへの対応法
冬のドライブ 吹雪・轍(わだち)・シャーベットへの対応法
「吹雪・轍(わだち)・シャーベット」への個別運転対応法を紹介しています。
冬にクルマのガラスとミラーの「くもり」を止める4つの対策
冬にクルマのガラスとミラーの「くもり」を止める4つの対策
ガラスとミラーの「くもり」を取る、4つの具体的な対策をまとめて記載
「やっちまった時」に使える車両保険は、このタイプ
「やっちまった時」に使える車両保険は、このタイプ
5分で分かる「キャンピングカー」に適した車両保険の説明です。

車中泊の位置づけは「手段」。 「目的」は生活ではなく、クルマ旅やアウトドアを愉しむこと。

車中泊でクルマ旅プロの車中泊クルマ旅をご紹介。
車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、日本全国を車中泊で旅するために役立つ情報をお届けしています。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「アラ還・車中泊旅行者」のための「るるぶ」。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める、筆者と同世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (a...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました