スポンサーリンク

「日産でやってみよう車中泊!」で、「避難のための車中泊」を講演

避難のための車中泊
「クルマ旅のプロ」がお届けする、車中泊による災害避難の手引き書
この記事には、車中泊とクルマ旅関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、災害時に車中泊による避難をお考えの人に向けたアドバイスをまとめています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。

新たな車中泊の需要に、対応するための試み

2019年3月2日~3日に、横浜市にある日産自動車本社ビル1Fの「グローバルギャラリー」にて開催された、「日産でやってみよう車中泊!」のオピニオンとしてオファーを受け、電気自動車「LEAF」リーフを使った「避難のための車中泊」を、参加希望者に実体験していただくワークショップの講師をつとめた。

ウェブニュースの記事

イベントは好評でプレスの好意的な報道とともに、参加者からも直接お礼のメールをいただいたり、SNSにも嬉しい投稿が寄せられていた。

もちろんそれはありがたく嬉しいことだが、筆者には「別の意味」での喜びがここには隠されている。

それは「車中泊の地位向上」のきっかけが掴めたことだ。

「車中泊」がブームになって以降、一部のマナーを知らない人たちのおかげで、世間一般では「車中泊」そのものが、ダーティーな目で見られているのは否めない事実だ。

そのせいで、きちんとマナーを守っていても、どこか後ろめたいような想いをさせられてきたのは、筆者だけではないと思う。

だが車中泊で旅をする我々には、そうではないという声を社会に伝える有効な手段はなかった。

とてつもなく大きな世論の壁の前では、「カーネル」や「オートキャンパー」のような雑誌は悲しいほど無力で、「RVパーク」も「富裕層のための施設」の域を出るものでないように思え、いつまでたっても閉塞状態から逸脱できない「もどかしさ」に、苛立ちを覚えることもあった。

筆者に「避難」というコンテンツが振り向けられたのは、まさにそんな時だ。

よくよく考えてみれば、これまで筆者がやってきたのは「積極的な車中泊」だ。

簡単に云えば、現状許される環境の中で、より快適に車中泊をするための知恵と知識を学び、またそれができるクルマやグッズを探して手に入れてきた。

しかし「避難のための車中泊」は、それとは真逆の「消極的な車中泊」で、クルマのユーザーは「できれば車中泊はしなくて済むほうがいい」と思っている。

出典:毎日新聞

だが熊本地震では、実際に7割の人が車中泊での避難を検討し、避難者の実に4割に相当する数の人が、それを実行に移した。

そうなると「避難の車中泊」は、もはや社会現象ではなく「被災者のニーズ」ともいえ、それを国民全体に当てはめるなら、東京以外の地方では、災害時の主たる避難方法が「車中泊」に変わる可能性もあると思えるほどの数になる。

そう考えると、積極的な車中泊をしている人が使わないようなクルマによる「車中泊ノウハウ」の重要性が見えてきた。

しかも「避難」の場合は「車中泊」に加えて、自炊を伴うオートキャンプがリンクしなければ、現実には生き延びることができない…

しかし、これまでオートパッカーの話をしても、「キャンプ場以外で煮炊きをするのはどうなのかな」という意見が強く、そこから前に進むことはなかった。

だが「避難」が前提になると、それは「誰も否定できない現実」となり、堂々とプレスの前でプレゼンできるのだから、世の中は面白い(笑)。

さて。日産には既に電気自動車の動力源であるバッテリーから電力を車外に引き出し、フィールドで家電を動かすことができるシステムがある。

しかもその容量は破格で、キャンピングカーのサブバッテリーなど足元にも及ばない。

これを使えば、懸案の「火気」を使わず調理ができ、一気に障害のバーは引き下げられる。

とはいえ、実際はコストやエンジンと車種の相性などの問題で、即時対応OKとまではいかない。例えば、ガソリンで発電して電池で走る「eパワーエンジン」を搭載するセレナからは、その電力を車外に引き出すことはできないし、逆にリーフは電気でしか走れない。

もちろん日産側に「いつそのネジレが解消できるのか」という確約を、現段階で求めるのは時期尚早すぎて不可能だ。

しかし目指す方向の霧が晴れてきたことは事実だろう。

NISSANという巨大企業が媒介になれば、そのために必要な通信、食材などを司る企業との連動、そして何より国や行政が前向きになる可能性もセロではあるまい。

つまり動かすことなど不可能と思えた「岩」が、動くかもしれないという可能性がでてきたわけだ。

あと必要なのは、「世論」の後押し。

それには、今「積極的な車中泊を楽しんでいるオピニオンたち」の力が不可欠になる。

新たな切り口ともいえる「避難の車中泊」の必要性と、その正しいノウハウの認知を通して、「車中泊の地位向上」に賛同いただけるなら、ぜひこの動きに注目してもらいたい。SNSによるシェアー・拡散も歓迎だ。

「今一度、ニッポンの車中泊を洗濯いたしたく候」。

それが今年還暦を迎える筆者の偽らざる想いであり、悲願でもある。

避難のための車中泊 目次

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました