1または4ナンバー車を、8ナンバーにする本当のメリットとは?

キャンピングカー キャンピングカー入門
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」を紹介しています。

中で立って動けるのと、車検が2年ごとになる

8ナンバー キャンピング車

法律的見地に立てば、キャンピングカーと呼べるのは登録時に8ナンバーが交付される、道路運送車両法によって定められた「キャンピング車」の要件を満たしている車両になる。

その要件を詳しく知りたい方には、国土交通省のこのページをご覧いただくとして、ここではその「四角四面な文章」から、大事な部分だけを抽出して簡潔に紹介しよう。

8ナンバー キャンピング車

今キャンピングカービルダーとユーザーを悩ませているのは、「一定の基準を満たしたシンク (流し) コンロ、ベッドなどを有すこと」という一節で、とりわけ重要なのは「一定の基準を満たしたシンク」の部分だ。

具体的には、洗面台等は、車室内において容易に使用することができる位置(洗面台等に正対して使用でき、かつ、洗面台等と利用者の間に他の設備等がないこと)にあり、かつ、これを利用するための床面から上方には有効高さ1,600㎜以上の空間を有していること。となっている。

8ナンバー キャンピング車

これは言い方を変えると、8ナンバー車は標準的な女性なら車内で立てるということだ。

バンコン

実はこの要件により、ハイエースなどをベースにするバンコン・キャンピングカーは、ハイルーフ車か屋根をポップアップできる車しか選べないという大きな制約を受けており、それがネックとなって市場ニーズを反映できないジレンマが長く続いてきた。

ここまで要件が厳しくなった背景には、税制が深く絡んでいる。

かつての8ナンバー車の自動車税は、普通車・貨物車に比べると圧倒的に安く、それを目的とした「不法改造」が横行していた。

しかし現在はそれが改正され、3ナンバーもしくは4ナンバーのままのキャンピングカーが、プロのビルダーからもどんどん市場投入されるようになってきた。

車中泊仕様

面白いのは、8ナンバー車にはシンクの設置が義務付けられているが、3.4ナンバー車の場合は「付けても付けなくてもかまわない」という点だ。

それを逆手に取れば、写真のように多少前かがみにはなるものの、実際には8ナンバー車と同じことができるクルマが作れる。

では、あえて8ナンバーにする意味はあるのか…?

筆者は「ある」と思う。

8ナンバー キャンピング車

まず構造上、車内で直立できるというメリットは想像以上に大きい。

特に中高年は着替え時にそれを痛感するはずだ(笑)。Wizにはサンルーフがついており、その下では170センチ近い筆者も問題なく直立することができる。

そしてもうひとつは車検。車内にシンクを取り付けられるレイアウトにできるクルマは、実質的には4または1ナンバーとなるバン(貨物車)しかない。

しかしバンには毎年車検が義務付けられている。いっぽう8ナンバー車は乗用車と同じく2年車検が認められている

またハイルーフの場合は、4ではなく1ナンバーとなるため、ETCの割引が適用されないデメリットもあるだろう。

キャンピングカー乗り換え 入門 

バスコンからハイエース・軽キャンパーまで勢揃い! 楽天のユーズド・キャンピングカー大特集! 
タイトルとURLをコピーしました