スポンサーリンク

サブバッテリーの利用に必要な電気の基礎知識

サブバッテリー
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」を紹介しています。

まずは電気の単位と意味を復習

アンペア(A)=電流
電線の中を流れる電気の量

ボルト(V)=電圧
電流を流す力(圧力)
 

ここで重要になるのが、バッテリーと自宅の電源の違いだ。

DCと訳される直流電源12ボルトのバッテリーで、ACの交流電源100ボルトに対応する家電を使う場合は、バッテリーの電圧を約8.3倍まで増幅しなければならない。その為の装置がインバータだ。

ワット(W)=消費電力

日本の電化製品は、その消費電力をワットで表示している。

ワットは電流×電圧で計算され、逆にワットから必要な電流を計算する公式は、

「電流(A) = 電力(W) / 電圧(V)」となる。

たとえば、1200ワットを消費するヘアドライヤーに流れる電流は、自宅なら12アンペア。しかしこれをサブバッテリーに換算すると、約99.6アンペアが必要になる。

この計算が、搭載するサブバッテリー・システムの規模を決める際に重要な基準となる。

<重要>充電・放電時に発生する電気のロス

基本的にサブバッテリーで家電を利用する場合、記載されたバッテリー容量の約70%しか使えない。

バッテリーの容量はAh(アンペアアワー)という単位で表示され、車中泊用のサブバッテリーには通常105Ahが使われている。本来なら105Ahのバッテリーは、1アンペアを消費する電化製品を105時間使用できる。

ただし、バッテリーは特性上100%まで充電することが難しいうえに、大半のインバータにはリミッターが内蔵されており、設定値よりも電圧が下がった時点で放電がストップする。

この充電と放電時に生じるロスはそれぞれ20%程度といわれており、105Ahのバッテリーの実質容量は、単純計算上105ah×80%×80%=67.2Ahになる。

<Next Contents>

サブバッテリー 目次

バスコンからハイエース・軽キャンパーまで勢揃い! 楽天のユーズド・キャンピングカー大特集! 
タイトルとURLをコピーしました