電気毛布・扇風機・電子レンジなど、車中泊で使いたい主な家電のサブバッテリーでの稼働時間

車中泊 電子レンジサブバッテリー
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

車中泊でサブバッテリーを利用する際に、知っておきたい電気の基礎知識

車中泊 こたつ
家電のサブバッテリーでの稼働時間【目次】

まずは電気の単位と意味を復習

リチウムイオン・ポータブル電源の実力

リチウムイオンのサブバッテリー・システムの実力

スポンサード・リンク

まずは電気の単位と意味を復習

リモートワーク サブバッテリー

アンペア(A)=電流
電線の中を流れる電気の量

ボルト(V)=電圧
電流を流す力(圧力)
 

ここで重要になるのは、バッテリーと自宅の電源の違い。

インバーター

DCと訳される直流電源12ボルトのバッテリーで、ACの交流電源100ボルトに対応する家電を使う場合は、バッテリーの電圧を約8.3倍まで増幅しなければならない。その為の装置がインバータだ。

ワット(W)=消費電力
電流×電圧

家電の消費電力

日本の電化製品は、その消費電力をワットで表示している。

実はこれから選ぼうと考えているサブバッテリーで、希望の家電がどのくらいの時間使えるかを紐解くには、このワットが重要な鍵になる。

リチウムイオン・ポータブル電源の実力

この製品は、近頃ソロキャンパーや週末に車中泊の旅を楽しむ人達から高い支持を得ている、リチウムイオンバッテリーのポータブル電源だが、その容量は626Wh(ワットアワー)となっている。

Wh(ワットアワー)とは消費電力と時間の積算値で、例を上げて説明すると、この容量626Whのサブバッテリーは、先ほどの1200Wが必要なドライヤーなら

626Wh÷1200W=0.52h(アワー)

0.52h✕60m(ミニッツ)=31m

すなわち、約30分間の利用が可能だ。

つまり

Wh(ワットアワー)=W(ワット)✕h(時間)
W:消費電力
h:電力を流した時間
Wh :1時間あたりの電力の仕事量

この「公式」さえ覚えておけば、家電に書かれたワット数を見るだけで、使用可能時間が算出できる。

ただしどのサブバッテリーでも、利用時には2種類のロスが発生することを覚えておく必要がある。

黒部ダム

そのひとつは「放電深度」と呼ばれるロスで、ダムを例にとれば分かりやすい。

写真の黒部湖の底には、できた当初から様々なものが沈んでおり、貯水量=放水量というわけではない。

それと同じで上記のバッテリーには、新品でも表示容量の約85%までしか放電できない「大人の事情」があるらしい(笑)。

「大人の事情」は子供が知らなくていいことなので、ここでは触れない。

というか、筆者も知らない。

ただ85%というのはかなり優良な数値で、格安なサブバッテリーには「放電深度」が80%に届かない製品も少なくない。

そしてダム湖には、時間とともに土砂が貯まる。

スマホやノートパソコンの電池が、使っているうちに「持ち」が悪くなるのは、同じように「放電深度」が衰えていくことによるものだ。

インバータ

そしてもうひとつは「変換ロス」。

もともとバッテリーは12ボルトしか電圧がなく、100ボルトで稼働する家電を動かすには、前述のインバータで増圧する必要があるのだが、その際にも20%ほどのロスが生じる。

ポータブル電源

すなわち、このJVCケンウッド ポータブル電源の実質的な容量は、

626Wh✕0.85✕0.8=425.7Wh

ということ。

これは「この世のすべてのバッテリー」に当てはまる話なので、ほぼ正確に使用可能時間が知りたい人は覚えておこう。

ということで、実際の車中泊で使われそうな家電の「推定利用可能時間」は以下の通りになる。

●携帯電話(充電時):15W 程度 ⇒ 約28時間
●ポータブルテレビ:20W程度 ⇒ 約21時間
●扇風機(サーキュレーター): 30W程度 ⇒ 約14時間
●ダブルサイズの電気毛布: 60W程度 ⇒ 約7時間
●ノートパソコン: 60W程度 ⇒ 約7時間
●1.5合炊飯器 :200W程度 ⇒ 約2時間
●電子レンジ:1000W程度 ⇒ 約25分 ※ただし500W以上の製品は、内蔵インバータの出力が足らないので実際は動かない。

当然これらは複合して使われるので、やはり1泊2日が妥当というところだ。

ちなみにこのポータブル電源は、80Wほどで充電されているというデータが見つかったので、満充電に要する時間は5時間20分ほど。

まずカラになるまで使うことはないと思うので、現実的な使用に耐えられる製品のひとつだと感じた。

なお、今は「大容量」と呼ばれる、このクラスのポータブル電源も販売されており、連休などでも使いたい人にはいいかもしれない。

容量は1260Wh で、上のポタ電のほぼ2倍、ただしACで1600Wまで出力できるため、こちらは電子レンジもOKだ。

さらに驚くのが充電の速さ。アマゾンのサイトに書かれた説明によると、

【1時間80%までの圧倒的な高速充電】独自開発したX-Stream充電テクノロジー(特許申請中)を採用することで、従来約10時間以上掛かっていた充電時間を、0から80%までなら僅か1時間、フル充電でも2時間以下を実現しました。

となっている。

なおポータブル電源については、以下のサイトが複数の製品を詳しく対比して載せている。

筆者はポータブル冷蔵庫の企画で、この企業の仕事に参加したことがあるが、ここはきちんと実験をしたうえでのデータを掲載するので、信用度は高いと思う。

スポンサード・リンク

リチウムイオンの固定式バッテリーの実力

リチウムイオン サブバッテリーシステム

「固定式バッテリー」という表現が、この世にあるのかどうかは知らないが、ポータブル電源との違いを分かりやすくするため、便宜上そう呼ぶことにする。

また「固定式バッテリー」には鉛の製品もあるが、ここではこれから主流になるリチウムイオンのバッテリーで紹介しよう。

こちらが、この記事を書いている2021年12月現在のRENOGY社の最新製品で、筆者はご覧の通り、このバッテリーを2本並列でつなぎ、ハイエースに搭載している。

注目してほしいのは、公称容量の100Ah(アンペアアワー)だ。

ポータブル電源ではWh(ワットアワー)が容量の単位で使われてたので、まずはその単位を揃えないと比較ができない。

ちなみに、なぜ両者の表示が違うのか…

答えは

それでいいのだ(笑)。大事なのはそこじゃない。

AhをWhに置き換える公式は以下の通り。

Wh(ワットアワー)=Ah(アンペアアワー)✕12V(ボルト)

つまり上記の製品の容量は1200Whとなり、先ほどの「大容量ポータブル電源」とニアイコールだ。

筆者はそれをダブルで積んでいるので、持参できる電気の容量は「2倍」。

前述した2つのロスを加味しても1632Whは、まさに広瀬香美が歌う「ジャ~ンボ、ジャ~ンボ」ってヤツだろう(笑)。

リチウムイオンバッテリーシステム

ただし「ポタ電」と違って、電子レンジを動かせる大容量で高性能なインバータや、高電流でも焼けない22スケアの極太ケーブルとヒューズ、そしてなにより、旅の途中で使った電気を急速に補うためのハイパワー充電器が別途必要になる。

ちなみに、このサブバッテリーで使用できるのは

●ノートパソコン: 60W程度 ⇒ 約27時間
●電子レンジ:1000W程度 ⇒ 約100分

サブバッテリー入門

実は筆者のクルマは、走行とソーラーからハイブリッドで充電でき、4時間ほど走ればゼロから満充電に戻すことができる。

ってことは、もはや高規格電源サイトやRVパークを気にせずに動ける。

「バンライフ」を声高に叫び、パソコン一丁で日本全国どこからでもリモートワークがしたいなら、まあこのレベルが”最低”ってとこじゃないですか?

最後に。

気になるこのシステムの詳細とお値段(笑)、そして設置工事を請け負ってくれた整備工場の情報は、引き続き以下の記事でご覧いただけます。

スポンサード・リンク

リチウムイオン サブバッテリー入門 

サブバッテリー入門

車中泊用サブバッテリー リチウムイオン載せ替え&新規搭載ガイド
車中泊用サブバッテリー リチウムイオン載せ替え&新規搭載ガイド
実体験に基づく車中泊用サブバッテリーのリチウムイオン積替え&新規搭載のためのアドバイスです。
サブバッテリーの取付けと載せ替える際の留意点と依頼先
サブバッテリーの取付けと載せ替える際の留意点と依頼先
サブバッテリーにリチウムイオン・バッテリーを載せ替え、新規搭載する際の留意点をご紹介。
車中泊で使いたい主な家電のサブバッテリーでの稼働時間
車中泊で使いたい主な家電のサブバッテリーでの稼働時間
車中泊で使いたい、主な家電のサブバッテリーでの稼働時間の目安です。
サブバッテリー リチウムイオン載せ替えレポート
サブバッテリー リチウムイオン載せ替えレポート
サブバッテリーを、満充電にするのに必要な時間に関する記述です。

車中泊の位置づけは「手段」。 「目的」は生活ではなく、クルマ旅やアウトドアを愉しむこと。

車中泊でクルマ旅プロの車中泊クルマ旅をご紹介。
車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、日本全国を車中泊で旅するために役立つ情報をお届けしています。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「アラ還・車中泊旅行者」のための「るるぶ」。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める、筆者と同世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (a...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました