スポンサーリンク

車中泊にお勧めのシュラフ(寝袋)

アウトドア
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」で、実際に使ってきたグッズとアイデアを紹介しています。

お勧めする一番の理由は、収納性。

筆者はオフィシャルサイトの「車中泊クルマ旅ガイド」の中に、『現在乗っている乗用車で始める「車中泊クルマ旅入門」』というコーナーを書いているのだが、それに必要なグッズは、寝具と小さなテーブルに、あとはせいぜいテレビと水筒程度で、外食で済ませるなら寝具以外は不要といっても過言ではない。

ゆえに布団でも悠々と積んでいける。

クルマに積めて車内で邪魔にならないのであれば、布団を使うことに問題はあるまい… それがいわゆる「布団派」の主張だ。

ただ、筆者がその主張に同意できるのは、1回の旅が1泊、2泊程度の人だ。それなら自宅の余った布団セットを持参しても、何ら支障はないと思う。

しかし、たとえ「万年床」にしなくても、1週間を越えて使うとなると、さすがにダニもわきやすくなるし、雨の日に当たれば湿ってくる。

ゆえに北海道や九州まで出かけようと思うのなら、シュラフ(寝袋)の使用をお勧めする。

その最大の理由は、圧倒的に優れた「収納性」にある。

そもそも、シュラフはたたまなくていい。写真のように、スタッフバッグに端から押し込んでいくだけで収納できる。

筆者が所持するモンベル社のシュラフは、この大きさで快適温度は6度、最低気温1度まで耐えられると説明書に記されている。

フードもあるので、冬はすっぽりかぶって眠れば、首や頭も防寒してくれる。コンパクトさを求めるなら、この「マミー型シュラフ」がベストだ。

ただし、多少の窮屈感は否めない。

いっぽうこちらは「封筒型シュラフ」と呼ばれており、ファスナーを開ければダブルサイズの掛け布団として使える。

「マミー型シュラフ」に比べるとカサは大きくなるものの、それでも布団に比べれば1/10ほどでしかないだろう。

車中泊に適しているのは、ひとりならマミー型のようにも使える、この「封筒型シュラフ」だ。

下の製品は、それにフードもついている。

筆者はマットの上にフリースのブランケットを敷き、その上からこのシュラフをかけて厳冬期の車中泊を凌いできた。

それでも寒い時は、シュラフの上からブランケットをかける。

ちなみに体とシュラフの間にブランケットを挟むのは間違いだ。それではダウンに体温が伝わらない。

このようにアウトドアの知識を正しく持てば、ゲレンデでも車中泊はできる。

カイロをベタベタ布団に貼って寝るなんて、スマートが自慢のオートパッカーにはありえない(笑)。

ちなみに購入時の目安となる金額は、冬用(4シーズン)なら1万円程度、夏用なら2000円ほどの製品でいいだろう。テントと違ってクルマはそこまで高性能である必要はない。

楽天市場のダウンシュラフ 大特集! 

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました