スポンサーリンク

オートパッカー流 車中泊グッズ選びの着眼点

お勧めグッズ&アイデア
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」で、実際に使ってきたグッズとアイデアを紹介しています。

車中泊では、「大」は「小」を兼ねられない。

オートパッカーは車中泊を前提にしているわけだが、キャンプ道具を全部積んだまま車中泊をするというのは、想像以上に難しい。

既存のファミリーキャンパーは、搭載力を高めるために屋根やバックドアにキャリアを設置しているが、おそらくそれだけでは無理だと思う。

本気でやるには、キャンピングギアのリストラ、まさに再構築が必要だ。

レジャー要素の強いオートキャンプのマーケットでは、昔から「大は小を兼ねる」という発想が根強い。

ゆえにサイトでの快適性を意識したリビングシェルターや、システムキッチンのような製品が数多く開発されてきた。

しかし、オートパッカーの「リアル・オートキャンプ」はその真逆。

コンパクト・ガスストーブは全てのキャンプシーンで使えるが、ツーバーナーを山に担いでは行けない。

20年前に筆者はそのリストラを断行して現在に至ったわけだが、まったく後悔はしていない。むしろ、キャンプで行けるフィールドが広がったことに喜びを感じている。

グッズ選びのキーワードは、コンパクト&ユーティリティ

写真のようなコンパクトでユーティリティなキャンピングギアを探すには、ホームセンターのような量販店ではなく、アウトドアの専門店に出かけよう。

特に登山用品店には勉強になるものがたくさんある。リアル・オートキャンプで使うキャンピングギアは、バックパッキングと同じ視点に立って選ぶといい。

フィールドへそれらを携帯していく器の大きさは違うが、本当に使える製品選びという観点では共通している。

また100円グッズの中にも使えるものはたくさんある。

例えば、この「透明ポーチ」は開けなくても中が見えるため、他人でも必要なものが見つけやすいわけだが、筆者が使う理由はもうひとつある。

それは雨に強いこと。つまり外が濡れても中までは浸透しない。

そういう意味ではサッカーでよく使われる「ポリバレント」も、キーワードに含まれるかもしれない。

ちなみに「ポリバレント」とは、同じポジションでドリブル突破もキラーパスも出せるうえに、ディフェンスにも優れた選手に使われる言葉だ。いっぽう「ユーティリティー」は、複数のポジションがこなせる選手のことを云う。

下のコーナーでは本格的なキャンピングギアだけでなく、こうした100円グッズからホームセンターで手に入る生活用品まで、オートパッカースタイルで愛用してきた主なアイテムの「実使用レポート」を紹介している

オートパッカー流 車中泊グッズ&アイデア特集

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました