車中泊旅行における、折りたたみコンテナの「ちょっと驚く活用法」

折りたたみコンテナ収納
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」で、実際に使ってきたグッズとアイデアを紹介しています。
スポンサード・リンク

車中泊旅行では、ゴミ対策に有効。

折りたたみコンテナ

本来コンテナは、モノを運んだり収納しておくためにある。

だが筆者の場合は、バックドアに取り付けたバイクキャリアに載せて、もっぱら「ゴミの持ち帰り」時に活用している(笑)。

キャンピングカーの中には、ラダーに固定している人もあるが、コンテナはコンパクトにたたむことができるので、必要な時だけ取り付ければいい。

キャンプのゴミ持ち帰り

日本の低料金または無料のキャンプ場では、ゴミ箱のないところが未だに多い。だがゴミさえクリアできれば、道の駅よりも遥かに自由で快適といえる。

またこの方法は、車中泊のマナー向上にも一役買っているのだろう。

スポンサード・リンク

だがそれとは別に、キャンプ場では思いもしない活用法がある。

折りたたみコンテナ

写真は野良猫やカラスからゴミを守るために「檻」として使っている様子だ。

猫やカラスなどの小動物なら、かぶせて置くだけで十分保管庫としての役割を果たしてくれる。

キタキツネ

だが筆者がこれを思いついたのは、北海道でコイツにゴミを食い荒らされた経験からだ。

スノーピーク・ガビングスタンド

こともろうか、あのスノーピークのガビングスタンドを、その鋭い歯で噛みちぎっていた。北海道ではキャンピングギアでは太刀打ちできない。

折りたたみコンテナ

 そこで今はコンテナと重いペグケースでゴミを保管。もちろん夜はシェルターに入れるが、賢明なのは寝る前にゴミステーションに捨てに行くことだ。

なお今は「檻」にしなくても、フタ付き(別売)タイプが発売されている。フタができると、釣り道具などもリアゲートキャリアに積んで運びやすい。

タイトルとURLをコピーしました