折りたたみコンテナの、車中泊旅行における「ちょっと驚く活用法」

折りたたみコンテナ車中泊キャンプのお勧めグッズ&アイデア集
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

車中泊旅行では、ゴミ対策に有効。

折りたたみコンテナ

本来コンテナは、モノを運んだり収納しておくためにある。

だが筆者の場合は、バックドアに取り付けたバイクキャリアに載せて、もっぱら「ゴミの持ち帰り」時に活用している(笑)。

キャンピングカーの中には、ダストボックスをラダーに固定している人もあるが、コンテナはコンパクトにたたむことができるので、必要な時だけ取り付ければいい。

キャンプのゴミ持ち帰り

日本の低料金または無料のキャンプ場では、ゴミ箱のないところが未だに多い。

だがゴミさえクリアできれば、道の駅よりも遥かに自由で快適といえる。

またこの方法は、車中泊のマナー向上にも一役買っているのだろう。

だがそれとは別に、キャンプ場では思いもしない活用法がある。

折りたたみコンテナ

写真は野良猫やカラスからゴミを守るために「檻」として使っている様子だ。

キタキツネ

猫やカラスなどの小動物なら、かぶせて置くだけで十分保管庫としての役割を果たしてくれる。

だが、コイツは手強い。

スノーピーク・ガビングスタンド

こともろうか、あのスノーピークのガビングスタンドが、その鋭い歯で噛みちぎられた。北海道では並みのキャンピングギアでは太刀打ちできない。

折りたたみコンテナ

 そこで今はコンテナと重いペグケースでゴミを保管している。

もちろん夜はシェルターに入れるが、一番賢明なのは寝る前にゴミステーションに捨てに行くことだ。

なお今は「檻」にしなくても、フタ付き(別売)タイプが発売されている。フタができると、釣り道具などもリアゲートキャリアに積んで運びやすい。

スポンサード・リンク

リアル・オートキャンプ(車中泊キャンプ)

リアルオートキャンプ

車中泊の位置づけは「手段」。 「目的」は生活ではなく、クルマ旅やアウトドアを愉しむこと。

車中泊でクルマ旅プロの車中泊クルマ旅をご紹介。
車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、日本全国を車中泊で旅するために役立つ情報をお届けしています。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「アラ還・車中泊旅行者」のための「るるぶ」。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める、筆者と同世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (a...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました