スノーピーク・メッシュシェルターの利点と、それを建てやすくする超簡単な裏技

スノーピーク・メッシュシェルターアウトドア
スポンサーリンク
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」で、実際に使ってきたグッズとアイデアを紹介しています。

車中泊クルマ旅に持参できる最適な大きさ

寝床がテントであれクルマであれ… 

キャンプ場に入れば、大半のキャンパーはリビングを設営すると思うが、日本の気候風土に適しているのはタープやサイドオーニングではなく、やはりシェルターであるのは云うまでもない。

スノーピーク・メッシュシェルター

ただしハイエースと云えども、車内に全ての荷物を積んだまま、車中泊もできなければならないとなると、使える品番は相当限られる。

そこで白羽の矢を立てたのが、このスノーピーク社のメッシュシェルターだ。

サイズは4人でちょうどよく、2人でも違和感は感じない。しかもスノーピーク製品にしては建て方も簡単。

たったの3回で、初めて説明書なしに建てられた(大笑)。

スノーピーク・メッシュシェルター

こちらが収納時のサイズ。もちろん脚が入った茶色の袋も、赤の袋の中に収納できる。

スノーピーク・メッシュシェルター

そして想定通り、脚と幕体を別々にすればキャンピングカーWizのテーブル下にきちんと収まった。こうできないと、ひと月以上に及ぶ夏の北海道取材には持っていけない。

しかし、メッシュシェルターというか、基本的にスノーピークのテント&シェルターには、最後の1本のスプリング・ジョイントが、ポールにさしづらいという昔からの欠陥がある。

だが、いとも簡単にそれを解消できる方法が見つかった。

スノーピークのシェルターを建てやすくする超簡単な裏技

スノーピーク・メッシュシェルターの裏技

ポールと連結するフライシートのスプリング・ジョイントのどれか1本に、写真のネジを取り付け、既存のスプリングタイプではなく、そちらをポールの差すだけで、驚くほど楽にテントやシェルターが建てられる。

ミソは全部ではなく、1本だけでいいという点。ただしそれを一番最後に差さなければ意味はない。

写真のネジは、近くにあるホームセンター・コーナンで見つけたもので、都合よく穴が空いており、別売のリングでフライシートに取り付けられた。ネジである必要はなく、不要になったテントのパーツを再利用する手もある。

もちろんスノーピーク社は、これでシェルターが壊れても保証はしてくれないだろうが、毎回辛い思いをしてキャンプをするよりはいい。

特に冬は重宝するに違いない。同様のことでお困りの方はぜひ。コストは500円ほどでおさまるはずだ。

オートパッカー流 車中泊グッズ&アイデア特集

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました