サーマレスト「リッジレスト」は、軽くて汎用性が高く車中泊にも使える人気のマット 

リッジレスト-ソーライトアウトドア
スポンサーリンク
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」で、実際に使ってきたグッズとアイデアを紹介しています。

キャンプマットのベストセラー

サーマレスト リッジレスト ソーライト

テントマットは大別すると、銀マットに代表されるノンエアマットと、インフレータブル(「膨張できる」という意味)のようなエアマットの2種類に分かれる。

筆者はテントキャンプでその両方を何種類も試してきたが、現在はこのTHERMAREST(サーマレスト) RidgeRest-SOLite(リッジレスト-ソーライト)を愛用している。

最大の理由は、扱いの容易さにある。リッジレスト-ソーライトはロールタイプで、丸めてしまえば収納完了。

山では丸めるとかさばるため、ショートサイズをヘッダー写真のように折り曲げ、リュックの外のワイヤーゴムに挟んで歩く人も見かける。

底冷えを遮断する断熱性の高さも、山では大きな魅力だ。

サーマレスト リッジレスト ソーライト

広げるとこんな感じ。シングルサイズなのでひとり1枚使用する。

サーマレスト リッジレスト ソーライト

もちろん、今は寝心地の良いキャンピングカーなので、車中泊で使うことはないのだが、公園で弁当を広げたりする際には重宝している。

ちなみに、今ミニバンやコンパクトカーで車中泊をする人たちに人気があるのは、こちらのマット。

車中泊マット

このインフレータブルマットは厚さ10センチまで膨らむため、多少のシートの凸凹なら、そのまま置いても気にならない。

未改造のクルマで寝るなら、このほうが圧倒的に寝心地はいい。

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました