令和の「車中泊・三種の神器」。まずはこれから揃えよう。

車中泊今から始める車中泊
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

令和の「車中泊・三種の神器」は、車中泊マット・ウインドウシェード・USBシガーソケット充電器

「車中泊・三種の神器」【目次】

1.車中泊マット

2.ウインドウシェード

3.USBシガーソケット充電器

スポンサード・リンク

1.車中泊マット

車中泊マット

令和に関わらず、まず「絶対に必要」と云えるのは車中泊専用マットだろう。

とりあえずこれがあれば、ひどい腰痛や寝不足、はたまたエコノミークラス症候群に陥る心配からは開放される。

なおサイズは幅60センチのS(シングル)を選ぼう。

車中泊マット

理由は幾つかあるが、一番は収納性だ。

特に荷室が狭いコンパクトカーにこれを積むなら、場所を別々にできるサイズの小さなマットのほうが車内を有効活用できる。

また車内の狭さと荷物の保管から、現実にはひとりが寝るのが精一杯となった場合、どちらかはテントか避難所で寝なければならなくなる。

そういう事態を想定すると、マットは個別にしておくほうが汎用性も高い。

加えて5ナンバー社の車幅は、カタログ上では1200センチ以上あるのだが、実際は様々な出っ張りがあって、一番狭い場所では1000センチを切る車種が多い。そうなると一部を重ねる必要性が生まれてくる。

布団は車中泊には適さない。

理由はたたむとかさばり、シートを座席に戻せなくなる。またキャンプ場や河原・湖畔などにはダニが潜んでおり、それに侵入されるとひどい目に遭う。

ゆえに、このマットに下のようなダウンの封筒型シュラフを組み合わせるのがベストだ。ただ、最初はシーズンに応じて毛布やタオルケットで代用すればいい。

2.ウインドウシェード

どこで車中泊をするにしても、夜クルマの中で明かりをつけると、車内は外から丸見えになる。そのため、車中泊時は内側から窓を覆うのがセオリーだ。

それには夏用のサンシェードが安くて重宝する。

冬以外は下のようなセット品で十分だが、黒い半透明ではなくシルバーの遮光素材を選ぼう。

なお、ウインドウシェードでもっとも良いのは筆者も使用している、このマルチシェードだが、その分値段も張る。

マルチシェード

ゆえに、このクルマを当分使うと心に決めてから買うほうがいい(笑)。

3.USB対応のシガーソケット充電器

スマホナビ

令和の時代に車中泊をする方は、ほぼ100%がスマホを使われていると思う。

最新の道路事情はもちろん、通行止めもキャッチし、さらに街歩きにも使えるスマホナビが、もはやカーナビより車中泊の旅にマッチするのは明白だ。

カーインバーター

ゆえにスマホは「三種の神器」以上の必需品と位置づけることにしたのだが、問題は充電だった。

少し前までは車載用カーインバーターを利用し、家庭用の100Vコンセントを利用していたのだが、もはやそれまでもが「時代遅れ」(笑)。時代はとっくにUSB充電になっている。

さらに今はより簡略化され、シガーソケットにさすだけで、カーバッテリーから直接スマホに充電ができるスグレモノがたくさん出ている。

ちなみに2021年4月時点での筆者のお気に入りがこちら。

車載用USBスマホ充電器

普通なら右の2連シガーソケットは不要かもしれないが、筆者は一眼レフカメラなどの充電用に、今でも車載用カーインバーターを利用しているのと、レーダー探知機を搭載しているため、別途にシガーソケットが必要だった。

また最近は、シガーソケットから電源をとるドライブレコーダーもあるようなので、このセットのニーズは高いと思う。

充電式スマホホルダー

それに付け加えるとしたら、こういったワイヤレスチャージタイプのスマホ・ホルダーが便利。

ここに載せておくだけで、エンジンをかければ自動的に充電されるため、ナビを使ってもスマホのバッテリーが減らない。

ポータブル電源

ちなみに昨今話題の大容量ポータブルバッテリーだが、あるに越したことはないが、ちょっと高価な買い物になるので、実際に車中泊を試してみてからでも遅くはあるまい。

興味がある人は、以下の記事を参考に。

スポンサード・リンク

中高年のための車中泊入門

今から始める車中泊

中高年のための車中泊入門【令和の今から始める車中泊】
中高年のための車中泊入門【令和の今から始める車中泊】
車中泊ブームとは関係なく、これから車中泊の旅を始めたい中高年に向けてのアドバイスです。
車中泊向けに乗用車の寝心地を良くする方法
車中泊向けに乗用車の寝心地を良くする方法
今乗っている乗用車で車中泊ができるようにする方法をご紹介。
フルフラットシートのクルマを、改造なしに車中泊仕様にする方法
フルフラットシートのクルマを、改造なしに車中泊仕様にする方法
ミニバンなどの3列シートのクルマの寝心地を格段にアップする方法のご紹介
プロが車中泊にシュラフ(寝袋)を強く勧める理由
プロが車中泊にシュラフ(寝袋)を強く勧める理由
車中泊では布団より寝袋(シュラフ)がいい理由を、画像とともに詳しく解説。
令和の「車中泊・三種の神器」。まずはこれから揃えよう。
令和の「車中泊・三種の神器」。まずはこれから揃えよう。
これから車中泊を始める際に必要な「三種の神器」をご紹介。
乗用車(5・3ナンバー車)の車中泊仕様改造は、「やらない」が正解
乗用車(5・3ナンバー車)の車中泊仕様改造は、「やらない」が正解
ミニバンやワンボックカーを、車中泊仕様に改造したい方に向けての情報です。
ノーマルな乗用車の車中泊には、それに適した旅先がある。
ノーマルな乗用車の車中泊には、それに適した旅先がある。
キャンピングカーとは違う、普通車での車中泊に適した旅先をご紹介。
サービスエリアで車中泊をする時の注意点【クルマ旅のプロが解説】
サービスエリアで車中泊をする時の注意点【クルマ旅のプロが解説】
車中泊旅行者が一番安心して泊まれる「サービスエリア」に関する記述です。
車中泊に適した食事は?
車中泊に適した食事は?
キッチンやダイネットのない、未改造車での車中泊に適した食事に関する記述です。
車中泊のマナー10ヶ条
車中泊のマナー10ヶ条
さまざまなスタイルで車中泊を楽しむ人達に共通する、「心得」と「着眼点」に焦点を当てた提唱です。

車中泊の位置づけは「手段」。 「目的」は生活ではなく、クルマ旅やアウトドアを愉しむこと。

車中泊でクルマ旅プロの車中泊クルマ旅をご紹介。
車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、日本全国を車中泊で旅するために役立つ情報をお届けしています。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「アラ還・車中泊旅行者」のための「るるぶ」。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める、筆者と同世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (a...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました