倉敷

スポンサーリンク
倉敷

見目麗しき「旅館くらしき」のランチメニュー 四季の散歩道御膳

塩分が気になる中高年でなくても、江戸町風情が漂う白壁土蔵の倉敷で、食事をするなら「和食」がいいと思うのは、しごく当然の成り行きだ。 旅館くらしきレストランは、その景観のまさに「ど真ん中」に位置する町家で、外見からは想像...
2019.03.20
倉敷

おやつに食べたい、倉敷の銘菓「むらすずめ」

もはや定番すぎて、「るるぶ」や「まっぷる」でも扱いは小さいのだが、美観地区をひとたび歩けば、その存在感には驚かされる。倉敷の「むらすずめ」は、まるで京都の「八ツ橋」みたいな存在だ。 「むらすずめ」というのは、カステラの...
2019.03.20
倉敷

倉敷での車中泊にお勧め。駅弁「桃太郎の祭ずし」

岡山県を代表する郷土料理といえば、このガイドのお父さんと同じく「ままかり」を推す人もあると思うが、筆者は隣から「まま(飯)」を借りてまで食べたいという境地にはいたらなかった(笑)。とはいえ、岡山を代表する郷土料理であることに間違いな...
2019.03.20
倉敷

倉敷散策の前に行くべき、お勧めの無料スポット「倉敷物語館」

これは何も倉敷に限ったことではないのだが、筆者は重要伝統的建造物群保存地区のような場所を歩いて散策する際には、まず最初に上のような無料のウォーキングマップを入手するようにしている。  特にこの「てくてくマップ」はよくできていて...
2019.03.20
倉敷

倉敷の駐車場&車中泊事情

車中泊のクルマ旅で倉敷を訪れたい人間にとって、観光やグルメ情報以上に知りたいのはこの話だろう。筆者も他にあるなら、真っ先に見てみたい(笑)。 最初に。現地に行けばよくわかるが、美観地区をクルマで周ることはできない。そのためクル...
2019.03.20
中国

日本クルマ旅先100選 倉敷/岡山県

正直云って、倉敷は「どこをどう見ればいいのか」が理解しづらい町のひとつだ。それは「美観地区」という甘美な表現が、いつのまにか本来の意図とは違う「白壁土蔵のレトロでオシャレな町」という偏ったイメージに、置き換えられてしまったからにほか...
2018.10.10
倉敷

倉敷で江戸時代の名残りが見られる場所

「5分でわかる、倉敷の歴史」というページで、この地には江戸時代の「物流都市」、明治時代の「工業都市」、そして昭和後期から現在にいたる「観光都市」の3つの「地層」があるという話を書いた。 ここでは、その中の江戸時代の名残りが見ら...
2018.02.21
倉敷

倉敷に現存する江戸時代の町家建築 大橋家住宅【国指定重要文化財】

大橋家は大原美術館を設立した大原家と双璧をなす倉敷の大地主で、その邸宅は、中に入り座敷に上がって見学ができる、倉敷唯一の町家建築として国の重要文化財に指定されている。 格式、品格ともにリノベーションされた他の町家とは明らかに「...
2018.02.21
倉敷

倉敷の「明治維新」を現在に伝える 倉紡記念館(倉敷アイビースクエア)

倉敷を代表する観光スポットに、この施設を挙げていないガイドブックはない。確かに、ホテルを中心とする複合観光施設となった「倉敷アイビースクエア」は、観光都市・倉敷の看板施設であることに間違いない。 ただ倉敷のことを本当に理解する...
2018.02.21
倉敷

倉敷観光のキーワードは 「コレクション」

「るるぶ」などのガイドブックが記載している倉敷の見どころを、旅人がすべて周るというのは不可能に近い。 となると、我々は「なにがしかの基準」を持って行き先を選ばなくてはならないわけだが、筆者はそれを「時代」と「コレクション」とい...
2018.02.21
倉敷

大原美術館に行く前に、知っておいてよかった! と思える話

大原美術館をググってみると、約 1,450,000 件のウェブページがヒットする。倉敷アイビースクエアが約 325,000 件であることと比較すれば、その注目度の高さは一目瞭然。やはり大原美術館が倉敷のランドマークであることは、数字...
2018.02.21
倉敷

5分でわかる、倉敷の歴史

まず、ここに記しているのは難しい話ではなく、「旅行者が倉敷の観光をより楽しむために必要な歴史知識」だ。ゆえに「5分でわかる」程度でいい。 倉敷の歴史をネットで検索すれば、江戸時代以降のことは簡単に調べられる。だが、なぜかそれ以...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました