スサノオ

スポンサーリンク
オオクニヌシ

車中泊で行く出雲大社「参拝パーフェクトガイド」

大阪生まれの筆者が、「オオクニヌシのご縁」で出雲から女神様を娶って以来、既に30年余の歳月が過ぎた。帰省のたびに「大社」に参拝するほど信心深いわけではないが(笑)、3年に1度としても10回… おそらくそれ以上は、この地に足を運んでき...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲4 5分で分かる「出雲大社が作られた本当の理由」

「出雲大社」創建のなりそめは、「古事記」の「国譲りの神話」に詳しく書かれている。それを簡単に要約すると以下の通り。 オオクニヌシが国造りを行った「葦原中国(あしはらのなかつくに)」を「高天原」から見ていたアマテラスは、「葦原中...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲3 5分で分かる「スサノオとオオクニヌシ」

「古代」という時期に目を囚われていると気づきにくいが、「中世」の日本にも、菅原道真や徳川家康のように、死後に「神様」として祀られている実在人物がいる。彼らの共通点は、「優れた能力」と「民衆から慕われる魅力」を兼ね備えていたということ...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲2 5分で分かる「もうひとつの出雲神話」

「出雲神話」が掲載されている古文書は、「古事記」と「日本書紀」のほかにもうひとつ、「出雲国風土記」がある。 「古事記」と「日本書紀」については「5分で分かる「古事記」と「日本書紀」に詳しく記載しているので、ここでは「出雲国風土...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲1 5分で分かる「古代出雲」

「古事記」に記されている日本神話のうちの、なんと1/3が「出雲」を舞台に描かれていることをご存知だろうか? 「スサノオ」「ヤマタノオロチ」「因幡の白兎」「オオクニヌシ」「国譲り」など、日本人ならよく知るこれらの単語は、全て「出...
2019.01.18
スサノオ

スサノオ終焉の地に建つ「須佐神社」から、透けて見えること

「須佐神社の由緒」をわかりやすく「翻訳」すると、以下の通り。 「出雲国風土記」には、スサノオが各地を開拓した後、最後にここを訪れ、「この国は良い国だから、自分の名前は岩木ではなく土地につけよう」と云って「須佐」と命名し、自らの...
2019.01.15
スサノオ

古事記の綻びが分かる、須我神社とスサノオの関係

「ヤマタノオロチ伝説のパワー・スポットを巡礼する」に登場した中では、もっともメジャーで、如何にもそれらしい場所が、この「須我神社」だ。 「須我神社」のオフィシャルサイトにある「由緒」のページには、以下のように記されている。 ...
2019.01.15
スサノオ

ヤマタノオロチ伝説のパワー・スポットを巡礼する。

筆者たちの年代で、「古事記」に書かれた「ヤマタノオロチの伝説」を知らない人はいないと思うが、そのパワー・スポットを紹介する前に、まずはサラッと物語のあらすじを振り返ろう。 姉のアマテラスから神々が住む高天原(たかまがはら)を追...
2019.01.15
スサノオ

良くも悪くも、雲南・奥出雲を面白くしているのは、スサノオ

これは雲南・奥出雲に限ったことではないが、島根半島を旅する際に気をつけるべきことは、「神話」に惑わされないことだ。 わかりやすく云えば、「神話」を飯のタネにしている観光地と、史実や考古学に基づく史跡や遺構を見分けるということに...
2019.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました