吉田松陰

吉田松陰

吉田松陰が下田に来た理由と、そのゆかりの地

伊豆の下田にゆかりのある歴史人物といえば、たぶん「ペリー」と答える人が多いのではないだろうか。 「日本開国の舞台」と呼ばれるほどの歴史を刻む町だけに、本当は日本人の名前が筆頭にあがって然るべき… 現代の「攘夷かぶれな、おっちゃ...
2018.12.13
吉田松陰

下田の吉田松陰ゆかりの地 柿崎弁天島

まず最初に、この記事は「下田に残る、吉田松陰寓寄処」の続きとして見ていただくと、話の筋がよく分かる。 蓮台寺温泉で村山行馬郎(むらやま ぎょうまろう)医師の世話になり、皮膚病の湯治を受けた吉田松陰は、1854年(嘉永7年)3月...
吉田松陰

下田に残る、吉田松陰寓寄処(よしだしょういんぐうきしょ)

長州藩士の吉田松陰が、なぜ下田に来ていたのかは、「吉田松陰が下田に来た理由と、そのゆかりの地」という記事をご覧いただくとして、ここではその先にコマを進めよう。 1854年(嘉永7年)、吉田松陰と金子重輔は、それぞれ瓜中...
東海

下田が「日本開国の舞台」と呼ばれる所以

1854年(嘉永7年)4月に、アメリカの黒船艦隊率いるペリー提督が上陸したことから、下田は「日本開国の舞台」とよく云われているが、その「真意」をご存知だろうか? 残念なことに、下田を紹介している観光ガイドの多くは、その「真意」...
2018.12.13
吉田松陰

幕末の指導者、吉田松陰のプロフィールと年表

吉田松陰(よしだしょういん) 1830年(天保元年)8月4日ー1859年(安政6年)10月27日 長州藩士・杉百合之助常道の次男として萩で生まれるが、5歳の時に山鹿流兵学師範の叔父・吉田大助の養子となり、厳しい教育を受ける。...
2018.12.13
タイトルとURLをコピーしました