寺社仏閣

スポンサーリンク
伊勢志摩

出雲大社の「大遷宮」と、伊勢神宮の「式年遷宮」

「式年遷宮」とは、神社等が周期を定めて社殿を更新し、新たな社殿にご神体を移すことを云う。 とりわけ有名なのは三重県の伊勢神宮で、アマテラスを祭神とする内宮、トヨウケノオオカミ(豊受大神)を祭る外宮ともに、20年ごとに社殿を新し...
2019.08.29
京都市内

知らなきゃ損する、比叡山延暦寺へのアクセスと車中泊事情

延暦寺へのアクセス方法は、マイカーとケーブル、そしてルートは京都側と大津側の合計4つから選ぶことができる。ただし、いずれも有料なので、それぞれの事情を事前に把握し、ムダのない方法を選択することが大切だ。 ケーブルカー&ロープウェイ...
2019.01.21
オオクニヌシ

車中泊で行く出雲大社「参拝パーフェクトガイド」

大阪生まれの筆者が、「オオクニヌシのご縁」で出雲から女神様を娶って以来、既に30年余の歳月が過ぎた。帰省のたびに「大社」に参拝するほど信心深いわけではないが(笑)、3年に1度としても10回… おそらくそれ以上は、この地に足を運んでき...
2019.01.18
出雲

大人の出雲大社参拝 エピローグ。とどのつまり…本当の出雲大社の参拝場所はココ!

出雲大社を「縁結びのテーマパーク」に見立てた「出雲大社参拝 パーフェクトガイド」とは違い、「大人の出雲大社参拝」で詣でたいと思う場所は、わずか2ヶ所しかない。 そしてそれは、たぶん古代人に近い「参拝」だと思う。 現在の出...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲5 出雲大社が「縁結びの神社」になった理由と時期

長らく続く「スピリチュアル・ブーム」の風に乗り、特に若い女性をターゲットにした観光情報誌やウェブサイトから「恋のパワースポット」扱いされ、とかく“縁結び”にばかりにスポットライトが当たっている感のある「出雲大社」だが、その理由や由来...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲4 5分で分かる「出雲大社が作られた本当の理由」

「出雲大社」創建のなりそめは、「古事記」の「国譲りの神話」に詳しく書かれている。それを簡単に要約すると以下の通り。 オオクニヌシが国造りを行った「葦原中国(あしはらのなかつくに)」を「高天原」から見ていたアマテラスは、「葦原中...
2019.01.18
スサノオ

スサノオ終焉の地に建つ「須佐神社」から、透けて見えること

「須佐神社の由緒」をわかりやすく「翻訳」すると、以下の通り。 「出雲国風土記」には、スサノオが各地を開拓した後、最後にここを訪れ、「この国は良い国だから、自分の名前は岩木ではなく土地につけよう」と云って「須佐」と命名し、自らの...
2019.01.15
スサノオ

古事記の綻びが分かる、須我神社とスサノオの関係

「ヤマタノオロチ伝説のパワー・スポットを巡礼する」に登場した中では、もっともメジャーで、如何にもそれらしい場所が、この「須我神社」だ。 「須我神社」のオフィシャルサイトにある「由緒」のページには、以下のように記されている。 ...
2019.01.15
三朝・倉吉

役小角によって築かれた国宝「三徳山三佛寺 投入堂」2018年参拝情報

三徳山三佛寺(みとくさんさんぶつじ)は、鳥取県の三朝町にある天台宗の仏教寺院で、706年(慶雲3年)に役小角(えんのおづの)が修験道の行場として開いたと伝わる。 その後、849年(嘉祥2年)慈覚大師円仁によりに本尊釈迦如来・阿...
2018.12.18
京都市内

今年は、世界遺産「清水寺」の舞台が見られない。

京都にある世界遺産の中でも、ダントツといえる知名度と人気を誇っているのが清水寺。境内には着物姿の若い女性やカップルが目立つが、今やその過半数はアジア系の外国人。八坂神社から二年坂に出て、判で押したように清水寺までやってくるからたまら...
2018.12.12
京都市内

紅葉も桜も美しい、嵯峨野の世界遺産・天龍寺

京都でも指折りの紅葉スポットとして知られる天龍寺は、臨済宗天龍寺派の大本山で、暦応2年(1339年)に足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために創建した。 別格に位置づけられた南禅寺に次ぎ、京都五山の第一位にランクされる格式を誇り...
2018.12.06
京都市内

「醍醐(だいご)の花見」で有名な京都の世界遺産 醍醐寺

極端に云ってしまえば、京都で春に桜が咲かない寺社仏閣は皆無に等しい。 だが、時間と予算に限りがある観光客にとって大事なのは、その中の「本当に高い拝観料を払ってまで観る価値があるところ」はどこかだ。 その意味からすると、筆...
2018.12.03
京都市内

「学問の神様」菅原道真を祀る京都の北野天満宮が、10倍面白くなる話

実在人物が「神様」として祀られているのは、武田信玄、徳川家康、吉田松陰など、特に戦国時代以降はさほど珍しいことではないのだが、平安時代に生きた菅原道真(すがわらみちざね)ほど、ミステリアスな逸話の残る歴史上の人物はいまい。おそらくそ...
2018.12.03
京都市内

紅葉の金閣寺 その見どころと撮影ポイントは?

鹿苑寺(ろくおんじ)という正式な名を持つこの禅宗の寺院は、黄金に輝く舎利殿が有名なことから、一般的には「金閣寺」という愛称で親しまれている。だが、「金閣寺」になる前は、鎌倉時代の公卿・西園寺公経(さいおんじ きんつね)の別荘だった。...
2018.12.03
京都市内

京都にある牛若丸(源義経)ゆかりの寺院 鞍馬寺

伝承によれば、東大寺、唐招提寺にゆかりの深い唐の高僧、鑑真和上の高弟であった鑑禎(がんてい)上人が、宝亀元年(770年)にこの地に草庵を造り、毘沙門天を安置したのが鞍馬寺の始まりである。 1947年(昭和22年)になって鞍馬弘...
2018.12.03
京都市内

比叡山延暦寺の「くたびれない拝観方法」

 「古都京都の文化遺産」に名を連ねる延暦寺の所在地は、厳密に云うと、京都市ではなく滋賀県の大津市である。 そうツッコミを入れたい人のために予め云うと、世界遺産の定義は【古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)】となっており、...
2018.12.03
富士山―信仰の対象と芸術の源泉(山梨県、静岡県)

徳川家康が本当に眠っているのは、日本平に通じる「久能山東照宮」

標高216メートルの久能山山頂に建つ「久能山(くのうざん)東照宮」は、徳川幕府・2代将軍秀忠が造営した、徳川家康を祀る東照宮の元祖で、静岡で唯一の国宝建造物として知られている。 徳川家康は1616年4月17日、75歳の...
2018.12.03
富士・富士宮

世界文化遺産「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」の象徴。富士山本宮浅間大社

噴火を繰り返していた富士山を鎮めるために建立された歴史を持つ「富士山本宮浅間大社」(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)は、全国に約1300社ある浅間神社の総本宮だ。 本殿は富士宮市内にあるが、富士山8合目以上も所持して...
2018.12.03
京都市内

御室桜と紅葉が国宝に映える世界遺産 仁和寺(にんなじ) 

888年に落成した仁和寺は、京都市右京区にある真言宗御室派の総本山で、光孝天皇の勅願により創建され、出家後の宇多法皇が住したことから、別名「御室御所」(おむろごしょ)とも称されている。 門跡寺院としての格式は高く、「徒然草」「...
2018.11.22
京都市内

絵馬発祥の地。京都のパワースポット貴船神社 アクセスガイド

貴船は鴨川の水源にあたり、貴船神社はそれを守る水の神様のお社として、古来より守り続けられてきた。実際に訪ねてみればわかるが、神社一帯は古木・大木が醸しだすしっとりとした空気に包まれ、スピリチュアルな雰囲気が漂っている。   ...
2018.10.10
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました