南伊豆

スポンサーリンク
南伊豆

坂本龍馬、脱藩赦免の地 伊豆下田

「龍馬伝」では、ペリーが下田に寄港する際に、龍馬は黒船を見るため下田までやってくる… というストーリーだったが、史実にはそれを裏付ける明確な記載はなく、どうやら脚本家である福田氏の脚色の様相が強い。 またその時に、吉田松陰や桂...
2018.12.14
南伊豆

吉田松陰が下田に来た理由と、そのゆかりの地

伊豆の下田にゆかりのある歴史人物といえば、たぶん「ペリー」と答える人が多いのではないだろうか。 「日本開国の舞台」と呼ばれるほどの歴史を刻む町だけに、本当は日本人の名前が筆頭にあがって然るべき… 現代の「攘夷かぶれな、おっちゃ...
2018.12.13
南伊豆

下田の吉田松陰ゆかりの地 柿崎弁天島

まず最初に、この記事は「下田に残る、吉田松陰寓寄処」の続きとして見ていただくと、話の筋がよく分かる。 蓮台寺温泉で村山行馬郎(むらやま ぎょうまろう)医師の世話になり、皮膚病の湯治を受けた吉田松陰は、1854年(嘉永7年)3月...
南伊豆

下田に残る、吉田松陰寓寄処(よしだしょういんぐうきしょ)

長州藩士の吉田松陰が、なぜ下田に来ていたのかは、「吉田松陰が下田に来た理由と、そのゆかりの地」という記事をご覧いただくとして、ここではその先にコマを進めよう。 1854年(嘉永7年)、吉田松陰と金子重輔は、それぞれ瓜中...
南伊豆

下田が「日本開国の舞台」と呼ばれる所以

1854年(嘉永7年)4月に、アメリカの黒船艦隊率いるペリー提督が上陸したことから、下田は「日本開国の舞台」とよく云われているが、その「真意」をご存知だろうか? 残念なことに、下田を紹介している観光ガイドの多くは、その「真意」...
2018.12.13
その他

ペリーとハリス、ハリスと「唐人お吉」、そしてハリスと「日米修好通商条約」の関係

マーシュ・ペリーが黒船艦隊を率いて来航し、「日米和親条約」を締結して、日本の鎖国を終わらせたことは、大半の日本人が知る話だと思う。 だが、下田に行くと「ハリス」という、もうひとりのアメリカ人の名前をよく見かける。そこで...
南伊豆

小学生にも5分でわかる。日米和親条約と下田条約

ペリー提督率いる黒船艦隊の「2度目の来航」により、横浜で「日米和親条約」が締結され、それによって即時開放となった伊豆半島の下田で、その詳細事項が詰められることになった経緯は、「下田が「日本開国の舞台」と呼ばれる所以」の中で詳しく触れ...
2018.12.13
その他

ペリー艦隊が日本にやってきた本当の理由とは…

この胸像は1854年(嘉永7年)に、アメリカ艦隊を率いて下田に来航したペリー提督が、その第一歩を印した地に建てられ、下田条約調印の地で知られる了仙寺の方向を向いている。 まずは、下田とペリーの関係を簡単に説明しよう。 ...
2018.12.13
その他

開国の歴史ゆかしき下田の町に残る「ペリーロード」

伊豆半島の南端に位置し、水運の衰退と天城山による地理的寸断から、一時は「陸の孤島」と呼ばれるほど、文明開化に遅れを取った下田の町は、ある意味では世の中に翻弄され、またある意味では、それが現代に幸いしている。 ペリーロー...
2018.12.13
南伊豆

下田の上手な観光方法と車中泊事情

下田の上手な観光法 この話の肝は、「開国の歴史ゆかしき下田の町に残る「ペリーロード」」という記事の中に書いた、下の一文に凝縮されている。 この道を楽しむには、歴史を知り想像力を働かせて、「目には見えない光景」を思い浮かべることが...
2018.12.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました