雲南・奥出雲

スポンサーリンク
雲南・奥出雲

知られざる日本の製鉄技術を現代に伝える、「菅谷たたら山内」

「良くも悪くも、雲南・奥出雲を面白くしているのは、スサノオ」の記事でも少し触れたのだが、雲南市の吉田町には、奥出雲地方で「たたら製鉄」が盛んに行われていたことを示す、素晴らしい遺構が残されている。 それを守り続けてきた...
2019.01.15
スサノオ

スサノオ終焉の地に建つ「須佐神社」から、透けて見えること

「須佐神社の由緒」をわかりやすく「翻訳」すると、以下の通り。 「出雲国風土記」には、スサノオが各地を開拓した後、最後にここを訪れ、「この国は良い国だから、自分の名前は岩木ではなく土地につけよう」と云って「須佐」と命名し、自らの...
2019.01.15
スサノオ

古事記の綻びが分かる、須我神社とスサノオの関係

「ヤマタノオロチ伝説のパワー・スポットを巡礼する」に登場した中では、もっともメジャーで、如何にもそれらしい場所が、この「須我神社」だ。 「須我神社」のオフィシャルサイトにある「由緒」のページには、以下のように記されている。 ...
2019.01.15
スサノオ

ヤマタノオロチ伝説のパワー・スポットを巡礼する。

筆者たちの年代で、「古事記」に書かれた「ヤマタノオロチの伝説」を知らない人はいないと思うが、そのパワー・スポットを紹介する前に、まずはサラッと物語のあらすじを振り返ろう。 姉のアマテラスから神々が住む高天原(たかまがはら)を追...
2019.01.15
スサノオ

良くも悪くも、雲南・奥出雲を面白くしているのは、スサノオ

これは雲南・奥出雲に限ったことではないが、島根半島を旅する際に気をつけるべきことは、「神話」に惑わされないことだ。 わかりやすく云えば、「神話」を飯のタネにしている観光地と、史実や考古学に基づく史跡や遺構を見分けるということに...
2019.01.15
雲南・奥出雲

クルマで旅する「雲南・奥出雲」 プロローグ

このエリアを旅するうえで、まず大事なのは「地理」だ。 観光客が「奥出雲」と聞いて連想するのは、出雲大社の南に広がる「内陸部」だと思うのだが、実はその広大なエリアは、「雲南市」「奥出雲町」「飯南市」の3つの市町村に分かれている。...
2019.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました