京都府

スポンサーリンク
京都市内

これが坂本龍馬暗殺の地「近江屋跡」の正しい見方だ!

この写真を見て、龍馬の暗殺された「近江屋跡」だとわかった人は、けっこう以前にこの地を訪ねているはずだ。 2010年の「龍馬伝」放送当時、「近江屋跡」はコンビニだった。 その4年後に訪ねた時には回転寿司屋に変わって...
2019.03.20
京都市内

読んでから行くと面白さ倍増! 京都・二条城 アラカルト

二条城はユネスコの世界文化遺産、「古都京都の文化財」のひとつに登録されているのだが、そうなる前から、なぜか修学旅行生の姿が多い観光地である。 思うにそれは、「二条城がどんな歴史と文化的価値を持つところか」ではなく、京都でいちば...
2019.01.27
京都市内

知らなきゃ損する、比叡山延暦寺へのアクセスと車中泊事情

延暦寺へのアクセス方法は、マイカーとケーブル、そしてルートは京都側と大津側の合計4つから選ぶことができる。ただし、いずれも有料なので、それぞれの事情を事前に把握し、ムダのない方法を選択することが大切だ。 ケーブルカー&ロープウェイ...
2019.01.21
京都市内

よくわかる「寺田屋事件(寺田屋騒動)」 坂本龍馬と西郷隆盛ゆかりの伏見

坂本龍馬が襲われたのは、「寺田屋」なのか「近江屋」なのかどっちだっけ…?  幕末を「テスト勉強」で覚えてきた人ならそれが普通。学校を出てしまえば、興味がないことを特に知る必要はない(笑)。 だが京都を旅するのなら...
2018.12.17
京都市内

「京都に残る坂本龍馬ゆかりの地」をめぐる車中泊の旅 モデル・コースガイド

クルマはベッド、移動はタクシー+徒歩。それが京都の車中泊旅 本論の前に、まず京都の車中泊事情から話そう。 ハイシーズンに京都市内を旅する最良の方法は、「マイカーで移動しないこと」。 この時期の京都は、観光客目当てのタクシーと県...
京都市内

坂本龍馬抜きに 京都の近代史は語れない。

京都の近代史を語るうえで、欠かすことのできない人物と云えば、筆者はやはり坂本龍馬を筆頭に挙げたい。 僅か32年間しかない人生の中で、龍馬が京都に関わった歳月はおよそ4年… その間に誰もが予想もしなかった「薩長同盟」を成立...
2018.12.17
京都市内

春の京都伏見の風物詩 十石舟が行き交う桜の濠川

京都の中でも「伏見」という町は、日本人観光客にとってあまり馴染みのない場所かもしれない。外国人に大人気の「伏見稲荷神社」、坂本龍馬が襲撃された「寺田屋」、あるいは月桂冠や黄桜でお馴染みの日本酒酒蔵など、なるほど聞けば知ってはいるけれ...
2018.12.17
京都市内

「坂本龍馬の使った部屋」が残る 京都の酢屋

龍馬のファンが京都で訪ねる定番スポットといえば、霊山護国神社にあるお墓と、伏見の寺田屋、そして石碑しか残っていない近江屋跡ということになりそうだが、見落として欲しくないのが、この「酢屋」だ。 「酢屋」は1721年(享保6年)か...
2018.12.17
京都市内

坂本龍馬と中岡慎太郎が眠る、京都霊山護国神社

高知で生まれた「幕末の志士」こと坂本龍馬の誕生日は11月15日。くしくも京都の近江屋で盟友の中岡慎太郎とともに暗殺されたのも、同じ11月の15日だ。 わずか33歳にして生涯を閉じた坂本龍馬は、故郷の高知ではなく、祇園からほど近...
2018.12.17
京都市内

龍馬ファン必見の幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」

幕末の志士達が永眠する「京都霊山護国神社」と向かい合うように建っている、霊山歴史館(りょうぜんれきしかん)は、日本で最初の幕末・明治維新期の歴史専門博物館として1970年に開館した。 ここには坂本龍馬をはじめ、中岡慎太...
2018.12.17
京都市内

薩長同盟の背景と中身を知って出向く、締結所縁之地「御花畑屋敷跡」

「薩長同盟」といえば坂本龍馬(笑)。 そう云われる所以は、当時敵対関係にあった長州藩と薩摩藩の「常識的にはあり得ない」同盟に、木戸孝允・西郷隆盛の両藩重臣と浅からぬ面識を持っていた坂本龍馬が絡み、その仲介を果たしたからに他なら...
2018.12.17
京都市内

今年は、世界遺産「清水寺」の舞台が見られない。

京都にある世界遺産の中でも、ダントツといえる知名度と人気を誇っているのが清水寺。境内には着物姿の若い女性やカップルが目立つが、今やその過半数はアジア系の外国人。八坂神社から二年坂に出て、判で押したように清水寺までやってくるからたまら...
2018.12.12
京都市内

紅葉も桜も美しい、嵯峨野の世界遺産・天龍寺

京都でも指折りの紅葉スポットとして知られる天龍寺は、臨済宗天龍寺派の大本山で、暦応2年(1339年)に足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために創建した。 別格に位置づけられた南禅寺に次ぎ、京都五山の第一位にランクされる格式を誇り...
2018.12.06
京都市内

「醍醐(だいご)の花見」で有名な京都の世界遺産 醍醐寺

極端に云ってしまえば、京都で春に桜が咲かない寺社仏閣は皆無に等しい。 だが、時間と予算に限りがある観光客にとって大事なのは、その中の「本当に高い拝観料を払ってまで観る価値があるところ」はどこかだ。 その意味からすると、筆...
2018.12.03
京都市内

「学問の神様」菅原道真を祀る京都の北野天満宮が、10倍面白くなる話

実在人物が「神様」として祀られているのは、武田信玄、徳川家康、吉田松陰など、特に戦国時代以降はさほど珍しいことではないのだが、平安時代に生きた菅原道真(すがわらみちざね)ほど、ミステリアスな逸話の残る歴史上の人物はいまい。おそらくそ...
2018.12.03
京都市内

紅葉の金閣寺 その見どころと撮影ポイントは?

鹿苑寺(ろくおんじ)という正式な名を持つこの禅宗の寺院は、黄金に輝く舎利殿が有名なことから、一般的には「金閣寺」という愛称で親しまれている。だが、「金閣寺」になる前は、鎌倉時代の公卿・西園寺公経(さいおんじ きんつね)の別荘だった。...
2018.12.03
京都市内

京都にある牛若丸(源義経)ゆかりの寺院 鞍馬寺

伝承によれば、東大寺、唐招提寺にゆかりの深い唐の高僧、鑑真和上の高弟であった鑑禎(がんてい)上人が、宝亀元年(770年)にこの地に草庵を造り、毘沙門天を安置したのが鞍馬寺の始まりである。 1947年(昭和22年)になって鞍馬弘...
2018.12.03
京都市内

比叡山延暦寺の「くたびれない拝観方法」

 「古都京都の文化遺産」に名を連ねる延暦寺の所在地は、厳密に云うと、京都市ではなく滋賀県の大津市である。 そうツッコミを入れたい人のために予め云うと、世界遺産の定義は【古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)】となっており、...
2018.12.03
京都府

「天下分け目」の天王山。あの合戦が行われたのは河川敷だった?

天王山と云えば、本能寺で織田信長を急襲した明智光秀と、その仇を打つべく、世にいう「中国大返し」で備中高松城から駆け戻った、羽柴秀吉による「天下分け目の合戦」で有名だ。 「天下分け目の合戦」は関ヶ原の合戦を指して云うこともあるが...
2018.12.03
京都市内

御室桜と紅葉が国宝に映える世界遺産 仁和寺(にんなじ) 

888年に落成した仁和寺は、京都市右京区にある真言宗御室派の総本山で、光孝天皇の勅願により創建され、出家後の宇多法皇が住したことから、別名「御室御所」(おむろごしょ)とも称されている。 門跡寺院としての格式は高く、「徒然草」「...
2018.11.22
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました