偉人ゆかりの地

スポンサーリンク
名城

琵琶湖・湖東にある桜の名城「長浜城」

大河ドラマを見ている人には、もう「お馴染み」といってもいいほどの登場回数を誇るのが、羽柴秀吉(豊臣秀吉)が築城した最初のお城・長浜城だ。 2014年の「軍師官兵衛」で、息子の長政が人質として幼年時代をここで過ごしていたのは記憶...
2019.05.29
おんな城主直虎

ぜひとも桜の季節に訪ねたい! 築城400年。国宝にして世界遺産候補の彦根城

一時のブームがおさまったとはいえ、今でも「ひこにゃん」人気の影に埋もれたまま… そんなイメージが拭えない彦根城だが(笑)、実はこの城が築城400年、国宝にして世界遺産候補であることをご存知だろうか。 大河ドラマ「おんな...
2019.05.29
名城

羽柴秀吉・軍師官兵衛ゆかりの名城、備中高松城址(蛙ケ鼻築堤跡)「水攻め」の真実

秀吉軍の奇想天外な「水攻め」によって落城した備中高松城址は、岡山自動車道の岡山総社インターの近くにある。なお、高松城は香川県にもあるため、混乱を避けるためにこちらは「備中高松城」と呼ばれることが多い。 備中高松城攻めは...
2019.05.26
その他

津和野城跡から見える、さだまさしの名曲「案山子」の情景 

♪元気でいるか、町には慣れたか、友達できたか…♪ このフレーズで始まる「案山子」は、1978年(昭和53年)に発売された、さだまさし3枚目のオリジナル・アルバム「私花集(アンソロジィ)」に収録された、叙情派シンガーソングライタ...
2019.05.13
京都市内

これが坂本龍馬暗殺の地「近江屋跡」の正しい見方だ!

この写真を見て、龍馬の暗殺された「近江屋跡」だとわかった人は、けっこう以前にこの地を訪ねているはずだ。 2010年の「龍馬伝」放送当時、「近江屋跡」はコンビニだった。 その4年後に訪ねた時には回転寿司屋に変わって...
2019.03.20
坂本龍馬

坂本龍馬ゆかりの地 広島県・鞆の浦

この記事は、現在作成中です。 坂本龍馬ゆかりの地 広島県・鞆の浦 Contents ■坂本龍馬とは… 坂本龍馬のプロフィールを簡単に ■生誕の地 高知 2つの資料館と、桂浜と高知城周辺 ■...
2019.03.20
坂本龍馬

坂本龍馬、大成の地・長崎

この記事は、現在作成中です。 坂本龍馬、大成の地・長崎 Contents ■坂本龍馬とは… 坂本龍馬のプロフィールを簡単に ■生誕の地 高知 2つの資料館と、桂浜と高知城周辺 ■脱藩の地 ...
2019.03.20
京都市内

読んでから行くと面白さ倍増! 京都・二条城 アラカルト

二条城はユネスコの世界文化遺産、「古都京都の文化財」のひとつに登録されているのだが、そうなる前から、なぜか修学旅行生の姿が多い観光地である。 思うにそれは、「二条城がどんな歴史と文化的価値を持つところか」ではなく、京都でいちば...
2019.01.27
名城

松江城に残る真田幸村の軍扇(ぐんせん)は、大阪夏の陣における、松平直政の武勇を讃える品 

松江城は現存12天守のひとつに数えられる名城で、2015年春に国宝指定されたことで話題となり、一躍多くの人の知る存在となった。 ただ、今日の話は「松江城」の紹介ではなく、そこに保管されている真田幸村の軍扇についてだ。 ...
2019.01.27
京都市内

知らなきゃ損する、比叡山延暦寺へのアクセスと車中泊事情

延暦寺へのアクセス方法は、マイカーとケーブル、そしてルートは京都側と大津側の合計4つから選ぶことができる。ただし、いずれも有料なので、それぞれの事情を事前に把握し、ムダのない方法を選択することが大切だ。 ケーブルカー&ロープウェイ...
2019.01.21
オオクニヌシ

車中泊で行く出雲大社「参拝パーフェクトガイド」

大阪生まれの筆者が、「オオクニヌシのご縁」で出雲から女神様を娶って以来、既に30年余の歳月が過ぎた。帰省のたびに「大社」に参拝するほど信心深いわけではないが(笑)、3年に1度としても10回… おそらくそれ以上は、この地に足を運んでき...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲5 出雲大社が「縁結びの神社」になった理由と時期

長らく続く「スピリチュアル・ブーム」の風に乗り、特に若い女性をターゲットにした観光情報誌やウェブサイトから「恋のパワースポット」扱いされ、とかく“縁結び”にばかりにスポットライトが当たっている感のある「出雲大社」だが、その理由や由来...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲4 5分で分かる「出雲大社が作られた本当の理由」

「出雲大社」創建のなりそめは、「古事記」の「国譲りの神話」に詳しく書かれている。それを簡単に要約すると以下の通り。 オオクニヌシが国造りを行った「葦原中国(あしはらのなかつくに)」を「高天原」から見ていたアマテラスは、「葦原中...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲3 5分で分かる「スサノオとオオクニヌシ」

「古代」という時期に目を囚われていると気づきにくいが、「中世」の日本にも、菅原道真や徳川家康のように、死後に「神様」として祀られている実在人物がいる。彼らの共通点は、「優れた能力」と「民衆から慕われる魅力」を兼ね備えていたということ...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲2 5分で分かる「もうひとつの出雲神話」

「出雲神話」が掲載されている古文書は、「古事記」と「日本書紀」のほかにもうひとつ、「出雲国風土記」がある。 「古事記」と「日本書紀」については「5分で分かる「古事記」と「日本書紀」に詳しく記載しているので、ここでは「出雲国風土...
2019.01.18
オオクニヌシ

日本史ダイジェスト/出雲1 5分で分かる「古代出雲」

「古事記」に記されている日本神話のうちの、なんと1/3が「出雲」を舞台に描かれていることをご存知だろうか? 「スサノオ」「ヤマタノオロチ」「因幡の白兎」「オオクニヌシ」「国譲り」など、日本人ならよく知るこれらの単語は、全て「出...
2019.01.18
スサノオ

スサノオ終焉の地に建つ「須佐神社」から、透けて見えること

「須佐神社の由緒」をわかりやすく「翻訳」すると、以下の通り。 「出雲国風土記」には、スサノオが各地を開拓した後、最後にここを訪れ、「この国は良い国だから、自分の名前は岩木ではなく土地につけよう」と云って「須佐」と命名し、自らの...
2019.01.15
スサノオ

古事記の綻びが分かる、須我神社とスサノオの関係

「ヤマタノオロチ伝説のパワー・スポットを巡礼する」に登場した中では、もっともメジャーで、如何にもそれらしい場所が、この「須我神社」だ。 「須我神社」のオフィシャルサイトにある「由緒」のページには、以下のように記されている。 ...
2019.01.15
スサノオ

ヤマタノオロチ伝説のパワー・スポットを巡礼する。

筆者たちの年代で、「古事記」に書かれた「ヤマタノオロチの伝説」を知らない人はいないと思うが、そのパワー・スポットを紹介する前に、まずはサラッと物語のあらすじを振り返ろう。 姉のアマテラスから神々が住む高天原(たかまがはら)を追...
2019.01.15
スサノオ

良くも悪くも、雲南・奥出雲を面白くしているのは、スサノオ

これは雲南・奥出雲に限ったことではないが、島根半島を旅する際に気をつけるべきことは、「神話」に惑わされないことだ。 わかりやすく云えば、「神話」を飯のタネにしている観光地と、史実や考古学に基づく史跡や遺構を見分けるということに...
2019.01.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました