武将

スポンサーリンク
名城

琵琶湖・湖東にある桜の名城「長浜城」

大河ドラマを見ている人には、もう「お馴染み」といってもいいほどの登場回数を誇るのが、羽柴秀吉(豊臣秀吉)が築城した最初のお城・長浜城だ。 2014年の「軍師官兵衛」で、息子の長政が人質として幼年時代をここで過ごしていたのは記憶...
2019.05.29
名城

羽柴秀吉・軍師官兵衛ゆかりの名城、備中高松城址(蛙ケ鼻築堤跡)「水攻め」の真実

秀吉軍の奇想天外な「水攻め」によって落城した備中高松城址は、岡山自動車道の岡山総社インターの近くにある。なお、高松城は香川県にもあるため、混乱を避けるためにこちらは「備中高松城」と呼ばれることが多い。 備中高松城攻めは...
2019.05.26
京都市内

読んでから行くと面白さ倍増! 京都・二条城 アラカルト

二条城はユネスコの世界文化遺産、「古都京都の文化財」のひとつに登録されているのだが、そうなる前から、なぜか修学旅行生の姿が多い観光地である。 思うにそれは、「二条城がどんな歴史と文化的価値を持つところか」ではなく、京都でいちば...
2019.01.27
名城

松江城に残る真田幸村の軍扇(ぐんせん)は、大阪夏の陣における、松平直政の武勇を讃える品 

松江城は現存12天守のひとつに数えられる名城で、2015年春に国宝指定されたことで話題となり、一躍多くの人の知る存在となった。 ただ、今日の話は「松江城」の紹介ではなく、そこに保管されている真田幸村の軍扇についてだ。 ...
2019.01.27
京都市内

「醍醐(だいご)の花見」で有名な京都の世界遺産 醍醐寺

極端に云ってしまえば、京都で春に桜が咲かない寺社仏閣は皆無に等しい。 だが、時間と予算に限りがある観光客にとって大事なのは、その中の「本当に高い拝観料を払ってまで観る価値があるところ」はどこかだ。 その意味からすると、筆...
2018.12.03
京都市内

京都にある牛若丸(源義経)ゆかりの寺院 鞍馬寺

伝承によれば、東大寺、唐招提寺にゆかりの深い唐の高僧、鑑真和上の高弟であった鑑禎(がんてい)上人が、宝亀元年(770年)にこの地に草庵を造り、毘沙門天を安置したのが鞍馬寺の始まりである。 1947年(昭和22年)になって鞍馬弘...
2018.12.03
京都市内

比叡山延暦寺の「くたびれない拝観方法」

 「古都京都の文化遺産」に名を連ねる延暦寺の所在地は、厳密に云うと、京都市ではなく滋賀県の大津市である。 そうツッコミを入れたい人のために予め云うと、世界遺産の定義は【古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)】となっており、...
2018.12.03
京都府

「天下分け目」の天王山。あの合戦が行われたのは河川敷だった?

天王山と云えば、本能寺で織田信長を急襲した明智光秀と、その仇を打つべく、世にいう「中国大返し」で備中高松城から駆け戻った、羽柴秀吉による「天下分け目の合戦」で有名だ。 「天下分け目の合戦」は関ヶ原の合戦を指して云うこともあるが...
2018.12.03
富士山―信仰の対象と芸術の源泉(山梨県、静岡県)

徳川家康が本当に眠っているのは、日本平に通じる「久能山東照宮」

標高216メートルの久能山山頂に建つ「久能山(くのうざん)東照宮」は、徳川幕府・2代将軍秀忠が造営した、徳川家康を祀る東照宮の元祖で、静岡で唯一の国宝建造物として知られている。 徳川家康は1616年4月17日、75歳の...
2018.12.03
富士・富士宮

世界文化遺産「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」の象徴。富士山本宮浅間大社

噴火を繰り返していた富士山を鎮めるために建立された歴史を持つ「富士山本宮浅間大社」(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)は、全国に約1300社ある浅間神社の総本宮だ。 本殿は富士宮市内にあるが、富士山8合目以上も所持して...
2018.12.03
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました