スポンサーリンク

奥出雲のお勧め車中泊スポットは、お米とお酒の美味しい「道の駅 酒造奥出雲交流館」

「道の駅 酒造奥出雲交流館」は、島根県仁多郡奥出雲町亀嵩(かめだけ)にある国道432号の道の駅。奥出雲酒造株式会社の敷地内にあるため、山深い場所にもかかわらず、道の駅の規模は大きい。

駐車場はお概ねフラットで、車中泊に支障はない。

【道の駅 酒造奥出雲交流館 車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=△ 普通車:38台
3.ゴミ箱の有無=不明
4.旅行情報の充実度=不明
5.付帯設備の充実度=○

コンビニの「ポプラ 仁多亀嵩店」まではクルマで約3分、スーパーマーケットは15分ほど離れたところに「Aコープ横田☎0854-52-1215」がある。

【最寄りの温泉】
亀嵩温泉 玉峰山荘
☎0854-57-0800
10時~22時(最終受付21時30分)・不定休
おとな600円

なお斐乃上温泉までは、約18キロ・20分。

行く価値あり! 日本三大美肌の湯「斐乃上温泉(ひのかみおんせん)」

 

斐乃上温泉がある仁多郡は、島根県有数の米どころで、酒造りも盛んだ。

道の駅では、銘酒「仁多米」を筆頭に、奥出雲酒造の日本酒・焼酎・リキュールと、西の横綱と呼ばれるコシヒカリ「仁多米」・仁多餅・米味噌などの仁多米を使った加工品などを販売しているのだが、そのボリュームには圧倒される。

さすがにこれには、筆者も思わず手が出た(笑)。

嬉しいことに「利き酒」のコーナーもある。普段はハンドルキーパーという人も、ここなら泊まってしまえば問題ない(笑)。これに備えて、昼間のうちに温泉に行っておくといい。

駐車場の一画には温泉スタンドも。

お値段はなんと20リットル10円。日本の田舎の豊かさを目の当たりにした。追い焚きのできる風呂なら、毎日買っても1月あたり2000円もしない。

近くには、地元でも東京でも人気が高い出雲そばの行列店、「山県そば」もある。

どこかのルーペじゃないが、「奥出雲、だ~い好き!」になりそうだ(大笑)。

 


境港・松江・出雲・雲南・奥出雲の総合ガイドはこちら

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました