スポンサーリンク

歴史的建造物ともいえる、黒部ダムの本質に迫る!

ロケ地ほか
正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

竣工から半世紀を経て、今なお健在。黒部ダムの誕生秘話から現在までを詳しくレポート。

黒部ダムがこの秘境で操業を開始したのは1963年。

今から半世紀以上も前のことだが、雪害防止と自然景観維持の観点から、発電所と変電所を、地下150メートルの場所に設けているのをご存知だろうか。

エコロジーどころか、水俣や四日市で公害が社会問題になる以前に、その発想が建設計画に盛り込まれて実現したというのは、驚くほど先進的な話である。

信州の自然は人を謙虚にし、信仰や慈愛だけにとどまらず、イノベーションをも呼び起こしてきた。

これまでに黒部ダムを訪れた観光客は延べ4千万人以上。毎年100万人を超える人々がこの光景を目にしてきたが、多くは「なぜ黒部ダムの放水が霧状であるか」を知らないと思う。

スプレー放水するのは、水圧で黒部川源流の川底が、滝つぼのように深くえぐられるのを防止するためだ。

ちなみに、2006年に黒部湖の土砂堆積率と、ダム本体の耐久性とあわせて試算した結果、この先約250年間はダムとして機能するとの答えが出ている。

そういった観点から「くろよん」を改めて見直すと、この「ダムカレー」とは一味違う見どころが次々に浮かびあがってくる(笑)。

黒部ダム建設物語

さて。次はなぜ黒部ダムの建設が、今なお「世紀の大事業」と呼ばれているのかについて詳しく話そう。

この知識があるのとないのでは、行った時に大違いになる。

まず、黒部ダムの総工費は当時の費用で513億円、関西電力の資本金の実に5倍に相当し、単純に現在の資本金に置き換えると、約2兆5千億円もの巨額になる。

また動員された作業関係者の数は、延べ一千万人以上にのぼる。

当時の日本は急速な経済復興に電力供給が追いつかず、特に関西は深刻な電力不足に喘いでいた。

そこで関西電力は豊富な水量と大きな落差を持ちながら、その厳しい自然環境の前に開発を躊躇してきた、黒部川上流部に「くろよん」の建設を決意する。

1956年10月、いよいよ大町トンネルの掘削が始まる。

だが翌年5月に「破砕帯」にぶつかり、大量に流出する地下水に阻まれ工事は難航を極めた。

足踏み状態は7ヶ月近く続いたが、最後は総力戦で突破に成功、ついに資材と重機が現場に届く。

本格的なダム建設工事が始まったのはそれからだ。そして着工から7年を経た1963年、ようやく「くろよん」は完成を迎えた。

実は、その一部始終が記された一冊の本がある。

小説「黒部の太陽」

毎日新聞編集委員であった木本正次が、1964年の毎日新聞に連載した、大町ルートの破砕帯との苦闘を描いた小説で、同年に書籍化され、後に映画とドラマの原作となった。

その影には黒部第三発電所建設工事を描いた吉村昭の「高熱隧道」がある。実は「くろよん」の建設では、この時の経験が生かされ、工事による死傷者を大幅に抑えることに成功している。
「黒部の太陽」を見れば、アルペンルートがよくわかる。
黒部ダムに出かける前に見ておきたい、映画「黒部の太陽」に関する記述です。

フォトスポットと見どころ

上の話を踏まえて、最後に現地の「必見ポイント」を紹介しよう。

出典:黒部ダムオフィシャルサイト

放水シーンのフォトスポット

こういう構図が撮れるのは、マップ5の「放水観覧ステージ」だ。ダム湖を入れた黒部ダムの全景が撮れる場所はここしかない。
ただし放水される期間は、6月26日~10月15日。
黒部ダムの放水は、発電に関係しない観光放水のため、グリーンシーズンにしか行われない。写真は「雪の大谷」の時期に訪ねた時の様子だが、ゴールデンウィークはまだ黒部湖が凍ったままだ。

くろよん記念室

レストハウスの3階にある。写真やパネルの他、記録映画「くろよん物語」を
常時上映している。また難工事の様子を再現した等身大のジオラマも展示。

破砕帯の湧き水

建設工事で最大の障害となった「破砕帯」の湧水が、今は訪れる観光客の喉を潤している。

トロリーバス乗り場からダムの堰堤に出たすぐ脇にあるので、知っていないとまず気づかない。

「ワダチ」モニュメント

建設現場を奔走した工員と、24トンのダンプトラックやショベルカーなどの走
行軌跡を、コンクリートで型取りしたパネルで、隣には当時の写真も展示。

コンクリートパケット

マップ4の外階段の途中の休憩スペースに、建設工事で実際に使われたコンクリートバケットが設置されている。

破砕帯の突破で失った時間を取り戻すため、これで打ち込み場まで1日960回も運搬した日があったという。

殉職者慰霊碑

黒部ダムの建設工事で亡くなられた171名の慰霊碑は「六体の人物像」と呼ばれ、「尊きみはしらに捧ぐ」という言葉とともに、殉職者の名前が刻まれている。

さて。濃厚なる「黒部ダムガイド」はいかがだっただろうか…

だが、これで話はすべてが終わったわけじゃない。「立山黒部アルペンルート」における黒部ダムは、そのコース中の一部に過ぎない。

出典:立山黒部アルペンルート 公式サイト

そう貴方はまだ、「本編」の扉を開けてはいない。

黒部ダム 車中泊旅行ガイド

立山黒部アルペンルートの詳細情報はこちら。
https://kurumatabi.net/hotsprings/2019/08/19/alpainrout/
にっぽんクルマ旅 信州 (旅行ガイド)
昭文社 旅行ガイドブック 編集部
¥ 1,490(2019/07/26 08:55時点)
タイトルとURLをコピーしました