「黒部の太陽」を見れば、アルペンルートがよくわかる。

ロケ地ほか
正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

若き日の石原裕次郎と三船敏郎が共演した、ノンフィクション映画

「もう多分、その映像を見る機会は一生ないのだろう。」と諦めていた石原裕次郎主演の映画「黒部の太陽」が、2013年の春、遂にTSUTAYAの店頭に並んだ。

長年この作品がDVD化されなかった背景には、裕次郎の遺言がある。

「再上映をする時は、大きなスクリーンで見て貰いたい」という生前からの意向が尊重され、1968年に初上映されて以来、一度たりともテレビに出ることさえなかったのだ。

ニュースによると、石原プロモーション設立50周年を記念し、今回のDVD化が実現したとのこと。しかも、当時のカメラマンと音声スタッフの監修のもとに、デジタルリマスター処理を施してある。

「黒部の太陽」のあらすじはこちら。

ちなみに、原作は木本正次が1964年に書いた毎日新聞の連載小説。筆者が持っているのは、同年にそれを信濃毎日新聞社が書籍化したものだ。

またフジテレビでは開局50周年の記念番組として、2009年3月に香取慎吾主演でドラマ化している。

さて。「黒部の太陽」は、当時、世紀の事業といわれた黒部ダムの建設物語だと思っている人もあるようだが、正確には少し違う。

ストーリーの中心は、当時「大町トンネル」と呼ばれた現在の「関電トンネル」の採掘時に、大きな障害となって立ちはだかった、「破砕帯」との戦いに置かれている。

今でもトンネルの中には「破砕帯」のサインがあり、トロリーバスの窓からそれを確認することができる。

ところで黒部ダムは、別名「くろよん」とも呼ばれているが、正確には「黒部第四ダム」を意味している。第4ということは、その前に3も2も1もある…

実は「黒部の太陽」を含めて、黒部峡谷がどれほど人を寄せ付けない秘境であるかを知るには、アルペンルートよりも、宇奈月温泉駅から出ている「黒部峡谷鉄道」、通称「トロッコ列車」に乗るほうがよくわかる。

「黒部ダム」に興味があるなら、アルペンルートを横断するより、大町から黒部ダムで引き返し、富山県の宇奈月に出て黒部峡谷鉄道と組み合わせたほうがずっと面白い。

黒部ダム 車中泊旅行ガイド

歴史的建造物ともいえる、黒部ダムの本質に迫る!
歴史的建造物ともいえる、黒部ダムの本質に迫る!
クルマ旅のプロが、日本が世界に誇る黒部ダムの、誕生秘話から現在までを詳しくレポートしています。
「黒部の太陽」を見れば、アルペンルートがよくわかる。
「黒部の太陽」を見れば、アルペンルートがよくわかる。
黒部ダムに出かける前に見ておきたい、映画「黒部の太陽」に関する記述です。
黒部ダム行きの扇沢駅 マイカーアクセス&車中泊ガイド
黒部ダム行きの扇沢駅 マイカーアクセス&車中泊ガイド
黒部第4ダムへの乗換である「扇沢駅」へのマイカーアクセスと、その車中泊事情についての記載です。
ロケ地ほか
スポンサーリンク
車中泊&クルマ旅ガイド<東北・関東・甲信越地方編>
タイトルとURLをコピーしました