際立つ富士山眺望を誇る 山中湖パノラマ台

パノラマ台無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

「一期一会」の絶景に出会える場所

パノラマ台

山中湖パノラマ台は、山中湖から県道730号線を登った4つめのヘアピンカーブの頂点にある、小さな展望地だ。

撮影できるアングルは限られているのだが、左に富士山、右に山中湖を配するロケーションは、季節や時間が異なれば、まさに「一期一会」の絶景となる。

山中湖パノラマ台

この写真は11月22日に撮影したものだが、空気が澄む晩秋には、山中湖の向こうに、くっきりと南アルプスの山々が見える日がある。

パノラマ台

こちらは違う年の11月16日に撮影した写真。

山中湖の雲海が消えゆく瞬間に到着したため、刻々と姿を表す湖面を見ることができた。

最後は、ダイヤモンドウィークスに撮影した結氷する山中湖。

レンズのバリエーションがあると、ここは楽しい。

もうひとつの絶景スポット 三国峠

三国峠

アングルで分かるように、三国峠はパノラマ台から県道730号線をクルマでほんの2.3分登ったところにある。

三国峠

この坂を下る時に見える景観は、パノラマ台に勝るとも劣らない絶景なのだが、ほとんどの人は山中湖から登ってくるので、そのことを知らない。

駐車場&車中泊について

山中湖パノラマ台

すっかりメジャーになったパノラマ台だが、駐車場は7.8台が限度で、写真のように雪があれば、さらに停められる台数は少なくなる。

トイレがあるので車中泊は不可能ではないが、ここでは遠慮するのがエチケットだろう。まして日が昇ってからも、数少ない駐車場を独占使用するなんていうのは「大人の恥」だ。

朝日が撮れるのなら、まだ分からぬでもないが、パノラマ台からは夕景しか撮影できない。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました