スポンサーリンク

北海道・車中泊ロングステイガイド【8】/旬を迎える地へ動く。それがロングステイの真骨頂

03.北海道・車中泊ロングステイガイド
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

北海道を満喫する秘訣は、自分の都合ではなく、自然の都合に合わせること

お盆休みを含めた10連休が最長といえる大半の現役世代は、年ごとにめぐる場所を変えて北海道ライフをエンジョイしている。

そのため、定年するまでこの光景を目の当たりにすることができない人がほとんどだ。
富良野のラベンダーが最盛期を迎えるのは7月中旬。子供達がちょうど夏休みに入る頃が「最後の見頃」となる。

それを考えると、長期滞在者のアドバンテージが、いかに大きなものかがよくわかる。

北竜町にある「ひまわりの里」。子どもたちが夏休みの宿題をする姿が微笑ましい。

だが、そのアドバンテージを生かせているかどうかは別問題。

中には「どんな絶景も一度か二度見れば十分」という人もいるだろうが、本当の旬に現地を訪ねるのは、思った以上に難しい。

最初に書いた「外遊びにハマる」こととも連動するが、旅が「ワクワク感」を失えば、後には惰性しか残らない。

だが、懐の深い北海道には感動を与えてくれるネタが無尽蔵に埋まっている。

ただしLIVEでその感動に出会うには、自然の都合に従って貴方が行動する以外の方法はない。

そこでここから先は、月別の北海道の旬の見どころを紹介していこう。

北海道・車中泊旅ロングステイガイド
コンテンツ

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました