屈斜路湖畔の無料共同浴場「和琴温泉露天風呂」

秘湯・名湯
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊温泉旅行ガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、10年以上かけてめぐってきた全国の温泉地を、「車中泊旅行者の目線」から再評価。車中泊事情や温泉情緒、さらに観光・グルメにいたる「各温泉地の魅力」を、主観を交えてご紹介します。
温泉車中泊コースガイド 執筆秘話
車中泊の旅行者が、本当に知りたい温泉地の情報をまとめた本の紹介です。

10分ほど離れたところに、隠し湯がある。

屈斜路湖の湖畔には無料の公衆温泉が幾つかあるが、その中で場所が分かりやすくて有名なのは、この和琴温泉露天風呂だろう。

和琴野営場横のトイレがある広い駐車場にクルマを停め、そこから湖畔に向かって徒歩で進む。ちなみにここは車中泊も可能だ。

露天風呂までは湖畔沿いに遊歩道が設けられており、その先に露天風呂が見えてくる。

ただし、近隣にはキャンプ場が2か所あり、夏は家族連れのキャンパーや、釣りやウォータースポーツを楽しむ人たちで賑わうため、水着着用OKとはいえ、昼間に入浴する人はほとんど見かけない。

脱衣所は2部屋に分かれているが、なぜか男女別というわけではない。24時間入浴可能なので、純粋に温泉が楽しみたいなら、ここへは夜か早朝に来ることをお勧めする。

なお露天風呂内にはクロレラが浮遊しており、それがお湯を浄化しているそうだ。弱酸性のお湯は湯船の底から湧き出しているが、ヌメリ感があるのはそれと関連するのかもしれない。

なお温度は46度と熱めで長湯はできそうにない。

さて。もうひとつの共同温泉は、露天風呂から和琴半島の遊歩道を10分ほど先に進んだところにある。

小屋掛けされた共同浴場の中は脱衣所と浴室に分かれているが、男女別にはなっていない。

湯船の底は砂地と板になっており、板の下から熱い源泉が自噴している。湯の温度は日によって変わるというが、3度出かけた筆者の印象は、毎回熱すぎて入れない(笑)。

排水路を開けたり閉めたりして温度調節をするのだとか。こちらはバスタオルの使用まで許されるようだが、石鹸は禁止されている。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました