スポンサーリンク

屈斜路湖の「砂湯」

ネイチャーフィールド
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊温泉旅行ガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、10年以上かけてめぐってきた全国の温泉地を、「車中泊旅行者の目線」から再評価。車中泊事情や温泉情緒、さらに観光・グルメにいたる「各温泉地の魅力」を、主観を交えてご紹介します。
温泉車中泊コースガイド 執筆秘話
車中泊の旅行者が、本当に知りたい温泉地の情報をまとめた本の紹介です。

車中泊もできる人気のレジャースポット

湖畔の砂を掘ればお湯が湧き出すとはいえ、ここは「温泉」というよりはレジャースポットと呼ぶほうがふさわしい。

スワンボート乗り場の左右はキャンプ場になっており、夏場はファミリーキャンパーで賑わっている。夏季の混雑時にはテントサイトに車の乗り入れはできないが、それ以外の空いている時ならオートキャンプも可能らしい。

道路を挟んだ向かいは、観光バスも停められる大きな無料駐車場になっている。夜間も閉鎖されず、きれいなトイレが24時間使えるので、車中泊も可能だ。

昼間は観光客が頻繁に出入りするので、長時間駐車は推奨できないが、旅の道中で夕方から朝まで利用するなら、特に支障はない。実際に筆者は2度ここで車中泊をしているが、注意をされることもなかった。

最寄りの町は川湯温泉街で、約8キロ。

川湯温泉には公衆浴場の他に、日帰り入浴のできるホテルとコンビニのセイコーマート、またエコミュージアムセンターや、ゆかりのある大横綱の功績を讃えた「大鵬相撲記念館」などがある。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました