スポンサーリンク

野生のアザラシが見られる スコトン岬

18.特選スポット
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

「岬めぐりコース」のハイキングには、ここでの車中泊が便利

スコトン岬は礼文島の北端に近いところにある風光明媚な岬で、途中のゴロタ岬を挟んで澄海岬に通じる「岬めぐりコース(4時間コース)」の起点もしくは終点にあたる。

そのため観光バスが停まる広い無料駐車場が用意されており、敷地にはトイレと土産店もある。

付近には休憩用のテーブル&ベンチが置いてあり、日中は多くの観光客で賑わうが、猫台・桃台と同じく、夕方になれば、ほとんど人はやってこない。

実は「岬めぐりコース(4時間コース)」をハイキングをする場合は、スコトン岬の無料駐車場で「前泊」し、そこからスタートするのではなく、朝一番のバスで「浜中」まで移動するといい。
浜中からは徒歩で澄海岬まで歩き、そこからハイキングコースをまわってスコトン岬に戻ってくる。それが賢者のアクセス法だ。
礼文島ハイキングの王道は、「岬めぐりコース」
礼文島にある3つのハイキングコースの中のひとつ、「岬めぐりコース(4時間コース)」の紹介です。
ただし、霧雨や強風の日は、久種湖畔キャンプ場のバンガローに泊まろう。ここは夜間にトラブルが起きても、朝まで誰も来ない。
「岬めぐりコース」に近い、久種湖畔キャンプ場 
礼文島唯一の電源サイトがある久種湖畔キャンプ場に関する記述です。

ところで。スコトン岬イチオシの場所は、最先端にあるこの展望台だ。

天気が良ければ、この展望所から遥か遠くの岩礁で、日向ぼっこに興じるゴマフアザラシを見ることができる。

日によっては、浅瀬でアタマと尻尾を出していることも。

ただし肉眼ではほとんど観察はできない。この写真は野鳥撮影用の超望遠レンズ(2400ミリ)で撮影しているが、双眼鏡があれば十分見える。

【正式名称】
スコトン岬
【駐車台数】
30台程度
【最寄の入浴施設】
なし ※香深のうすゆきの湯以外に日帰り湯なし

【車中泊適性度】
1.駐車場の平坦度=ほぼ平坦  
2.ゴミ箱の有無=不明
3.入浴施設までの距離=クルマで約60分 
4.飲食・物販施設の営業時間=不明 
5.コンビニ・スーパーまでの距離= 船泊市街までクルマで約15分 

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました