スポンサーリンク

布部札幌軒 (閉店)「北の国から」ロケ地紹介

「北の国から」
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

「三日月食堂」に続き、往年のラーメン店が閉店

「北の国から」に登場するラーメン店といえば、「’84夏」の最後に、純が泣きながら丸太小屋が焼けた本当の理由を打ち明けるシーンで、五郎から「子供がまだ食ってる途中でしょうが!」の名言が放たれた「三日月食堂」が有名だ。

しかし時は流れ、最盛期には1日900杯ものラーメンが売れたという伝説の店は2009年9月をもって閉店。残念ながら筆者が食べないうちに富良野の駅前から消えてしまった…

ただ、その「味」は今もこんなかたちで残されている(笑)。

いっぽうこちらは、「筆者は間に合った」が、貴方は間に合わなかった「布部札幌軒」(笑)。

「北の国から」では2度にわたって登場。「83冬」で草太が風吹ジュン演じる妙子と、また「95秘密」でも純がシュウ(宮沢りえ)と訪ねている。

しかし2016年8月をもってこの店も閉店… またひとつ「北の国から」のロケ地が消えた。

店内には当時の写真がパネルで展示されていた。

ちなみに筆者が注文したのは醤油ラーメン。旭川に近いのだから、正油ラーメンと呼ぶほうがいいのかな。「ラーメン通」に言わせれば、特段たいした味ではないようだが、筆者にはあっさりしていて旨かった。

タイトルとURLをコピーしました